Skip to main content

GitHub Campus Program について

この記事では、次の項目が扱われます。

GitHub Campus Program では、GitHub Enterprise Cloud と GitHub Enterprise Server を無料で提供しています。これは、コミュニティの GitHub を最大限に活用したいと考えている学校を対象としたものです。

GitHub Campus Program は、学位、卒業証書、または証明書を付与する教育に重点を置いた機関向けのプレミアム GitHub アクセスのパッケージです。 GitHub Campus Program には次のものが含まれます。

  • すべての技術および学術部門の GitHub Enterprise Cloud および GitHub Enterprise Server への無料アクセス
  • 50,000 分の GitHub Actions および 50 GB の GitHub Packages ストレージ
  • Git と GitHub をマスターするための教師向けトレーニング
  • GitHub パートナーからの新機能、GitHub Education 固有の Swag、および無料の開発者ツールへの排他的アクセス
  • GitHub Student Developer Pack のような、プレミアムの GitHub Education の機能への自動化されたアクセス

教育者が GitHub をどのように使っているかについては、GitHub Education のストーリーを参照してください。

GitHub Campus Program 利用規約

  • ライセンスは 1 年間無料で、2 年ごとに自動的に無料で更新されます。 契約条件の範囲で運用し続ける限り、無料ライセンスを継続できます。 プログラムの使用条件に同意できるすべての学校の参加を歓迎します。

  • ライセンスは学校全体で使用するためのものであることにご注意ください。 学内の IT 部門、学術研究グループ、共同研究者、学生、およびその他の非学術的部門は、GitHub Campus Program の利用により利益を得ていない限り、ライセンスを無料で利用できます。 大学内にある、外部から資金提供を受けている研究グループは無料ライセンスを利用できません。

  • GitHub Campus Program パートナーとして GitHub Education ウェブサイトで表示するために、技術部門、学部、および学校のロゴのすべてを GitHub に提供する必要があります。

  • Enterprise 内の新しい Organization は、Enterprise アカウントに自動的に追加されます。 学校が GitHub Campus Program に参加する前に存在していた Organization を追加する場合は、GitHub Education サポートにお問い合わせください。 Enterprise の管理の詳細については、Enterprise 管理者のドキュメントを参照してください。 Enterprise 内の新しい Organization は、Enterprise アカウントに自動的に追加されます。 学校が GitHub Campus Program に参加する前に存在していた Organization を追加する場合は、GitHub Education サポートにお問い合わせください。

GitHub のプライバシー プラクティスの詳細については、「プライバシーのグローバル プラクティス」を参照してください。

GitHub Campus Program 申請の適格性

  • 多くの場合、キャンパス CTO/CIO、学長、学部長、または技術責任者がキャンパスを代表してプログラムの使用条件に署名します。

  • 学校でメール アドレスを発行しない場合、GitHub は、学生向け開発者パックを学生に配布できるようにする代替オプションを使用してアカウント管理者に連絡します。

詳細については、公式の GitHub Campus Program ページを参照してください。

あなたが学生または教職員で、あなたの学校が GitHub と GitHub Campus Program スクールとしてパートナーになっていない場合でも、個別に GitHub の利用の割引を申請できます。 学生向け開発者パックを申請する場合は、申請フォームを参照してください