ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

学生用開発者パックの申請が承認されなかったのはなぜですか?

GitHub 学生開発者パック の申請が承認されていない一般的な理由を確認し、正常に再申請するためのヒントを学んでください。

ここには以下の内容があります:

ヒント: 個人の割引を適用する前に、あなたの学習コミュニティがすでに弊社とGitHub Campus Program学校としてパートナーになっているかを確認してください。 詳しい情報については、「GitHub Campus Program について」を参照してください。

所属文書の不明確な証明

アップロードした画像に記載されている日付またはスケジュールが資格条件に適合していない場合、在学状況の証明が追加で必要です。

アップロードした画像が、あなたの現在の在学状況を明示していない場合や、アップロードした画像が不鮮明な場合は、在学状況の証明が追加で必要です。 再応募する際には、あなたの学校でのID、成績証明書、あるいはその他の少なくとも 1 つの日付を明確に示している在学状況を証明する文書の画像をアップロードしてください。

ノート:PDFファイルはサポートされていません。PDFファイルを証明としてアップロードすることはできません。

未確認ドメインを持つ学術メールの使用

学術メールアドレスに未検証ドメインが含まれている場合、学術ステータスのさらなる証明が必要となります。 再応募する際には、あなたの学校でのID、成績証明書、あるいはその他の少なくとも 1 つの日付を明確に示している在学状況を証明する文書の画像をアップロードしてください。

ノート:PDFファイルはサポートされていません。PDFファイルを証明としてアップロードすることはできません。

緩い電子メールポリシーを持つ学校からの学術電子メールの使用

学校が有料学生登録の前にメールアドレスを発行する場合、学術ステータスのさらなる証明が必要となります。 再応募する際には、あなたの学校でのID、成績証明書、あるいはその他の少なくとも 1 つの日付を明確に示している在学状況を証明する文書の画像をアップロードしてください。

ノート:PDFファイルはサポートされていません。PDFファイルを証明としてアップロードすることはできません。

学校のドメインに関するその他の質問や懸念がある場合は、学校の IT スタッフにお問い合わせください。

すでに使用されている学術メールアドレス

別の GitHub アカウントの GitHub 学生開発者パック をリクエストするための学術メールアドレスが既に使用されていた場合、その割引が期限切れになるまでは、学術メールアドレスを再利用して別の GitHub 学生開発者パック を正常に申請することはできません。

メモ: 複数の個別アカウントを維持することは、GitHub 利用規約に反しています。

複数の個人ユーザアカウントを持っている場合は、自分のアカウントをマージする必要があります。 割引を保持するには、割引を付与されたアカウントをそのままにします。 すべてのメールアドレスを保持アカウントに追加することで、保持アカウントの名前を変更したり、コントリビューション履歴を保存したりできます。

詳しい情報については、以下を参照してください。

対象外の学生ステータス

以下の場合、GitHub 学生開発者パック の対象外となります:

  • You're enrolled in an informal learning program that is not part of the GitHub Campus Program and not enrolled in a degree or diploma granting course of study.
  • 取得を目指している学位が、現学期で終わる場合。
  • 13 歳未満の場合。

インストラクターは、教室での使用に対して、GitHub Education 割引を適用できます。 If you're a student at a coding school or bootcamp, you will become eligible for a GitHub 学生開発者パック if your school joins the GitHub Campus Program.

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.