Skip to main content

教師として GitHub Global Campus に応募する

教師の場合、GitHub Global Campus への参加と GitHub Education のリソースと特典の利用に応募することができます。

教師割引について

認定教育機関の学生または教職員は、GitHub Global Campus を申し込むことができます。 GitHub Global Campus は、GitHub Education Community が利用できる教育特典をすべて 1 か所に集めたポータルです。 GitHub Global Campus ポータルでは、the GitHub Education Community、プロフェッショナル開発者が使う業界ツール、イベント、Campus TV コンテンツ、GitHub ClassroomGitHub Community Exchange、GitHub Student Developer Pack に加え、学生や教師が次世代のソフトウェア開発を形づくっていくために有用なその他の特別な機能を利用できます。

個別割引を申請する前に、学習コミュニティが既に GitHub Campus Program 学校として提携しているかどうかを確認してください。 詳しくは、「GitHub Campus Program について」を参照してください。

教師特典と GitHub Global Campus へのアクセスを申し込むには、次の要件を満たす必要があります。

  • 教育者、教職員、または研究者であること。
  • 学校が発行した確認可能なメールアドレスを持っていること。
  • 学校への所属を証明するドキュメントをアップロードすること。
  • GitHub に個人アカウントを持っていること。

GitHub での個人用アカウントについて詳しくは、「新しい GitHub アカウントへのサインアップ」をご覧ください。

GitHub Global Campus

への応募

  1. GitHub Education に移動し、上部ナビゲーション バーの [特典の取得] をクリックします。

  2. [個人] で、 [Get teacher benefits](先生の特典を取得) をクリックします。

  3. [教育機関での状態の選択] で、 [教師] を選びます。

  4. 学校で利用するメールアドレスを選択あるいは追加してください。

    ヒント: 学校が発行したメール アドレスがある場合は、これを選択することで迅速なレビューが可能になります。

  5. あなたの学校名を入力してください。

  6. GitHubの利用計画を記述してください。

  7. [続行] をクリックすると、学歴の証明をアップロードするように求められます。

    • [Take a picture] (写真を撮る) をクリックし、コンピューターのカメラを使って証明をアップロードします。

      教育機関の状態の写真証明を提供するためのページのスクリーンショット。 [写真を撮る] ボタンが濃いオレンジ色の枠線で囲まれています。

    • 必要に応じて、カメラ ドロップダウン メニューを使って、使用するカメラを変更します (使用できるカメラが複数ある場合)。

    • 有効な学生証あるいはその他の現在の在学状況の証明をフレーム内に配置し、 [写真を撮る] をクリックしてください。

    • [Proof Type] (証明の種類) で、ドロップダウンを使って、提供する証明の種類を選びます。

  8. アプリケーションの詳細を確認し、 [アプリケーションの処理] をクリックします。

    注: [アプリケーションの処理] ボタンをクリックした後で、アプリケーションで何かを修正するように求めるバナーが表示された場合は、修正してから [アプリケーションの再処理] をクリックする必要があります。

    応募が承認されると、確認のメールを受け取ることになります。 応募は通常数日中に処理されますが、新しい学期の開始時期など、ピークの時期にはもっと長くかかることがあります。

参考資料