ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

GitHub への認証方法について

認証先に応じて異なる認証情報を使用し、GitHub への認証を行うことで、アカウントのリソースに安全にアクセスできます。

ここには以下の内容があります:

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.

GitHub への認証について

アカウントの安全性を維持するには、GitHub の特定のリソースにアクセスする前に認証する必要があります。 GitHub への認証を行うときは、自分が確かに本人であることを証明するために、固有の認証情報を提供または確認します。

GitHub のリソースには、ブラウザ内、GitHub Desktop または別のデスクトップアプリケーション経由、API 経由、またはコマンドライン経由など、さまざまな方法でアクセスできます。 GitHub へのアクセス方法は、それぞれ異なる認証モードをサポートしています。

  • 2 要素認証のユーザ名とパスワード
  • 個人アクセストークン
  • SSH キー

ブラウザで認証する

GitHub への認証は、ブラウザ内でさまざまな方法を使用して行うことができます。

  • ユーザ名とパスワードのみ
    • GitHub でユーザアカウントを作成するときにパスワードを作成します。 パスワードマネージャを使用して、ランダムで一意のパスワードを生成することをお勧めします。 詳しい情報については、「強力なパスワードを作成する」を参照してください。
  • 2 要素認証 (2FA)(推奨)
    • 2FA を有効にすると、ユーザ名とパスワードを入力した後に、モバイルデバイスのアプリケーションによって生成されたコードか、テキストメッセージ (SMS) として送信されたコードの入力も求められます。 詳しい情報については 2 要素認証を用いた GitHubへのアクセスを参照してください。
    • モバイルアプリケーションまたはテキストメッセージでの認証に加えて、必要に応じて、WebAuthn を使用したセキュリティキーを使用した第2の認証方法を追加できます。 詳しい情報については、「セキュリティキーを使用した 2 要素認証を設定する」を参照してください。

GitHub Desktop で認証する

お使いのブラウザを使用して GitHub Desktop で認証できます。 詳しい情報については「GitHubへの認証を行う」を参照してください。

API で認証する

GitHub API での認証は、ブラウザ内でさまざまな方法を使用して行うことができます。

  • 個人アクセストークン
    • テストなどの限られた状況では、個人アクセストークンを使用して API にアクセスできます。 個人アクセストークンを使用すると、いつでもアクセスを取り消すことができます。 詳しい情報については、「個人アクセストークンを作成する」を参照してください。
  • Web アプリケーションフロー
    • 製品としての OAuth App の場合、Web アプリケーションフローを使用して認証する必要があります。 詳しい情報については、「OAuth App を認証する」を参照してください。
  • GitHub Apps
    • 製品としての GitHub App の場合、アプリケーションのインストールに代わって認証する必要があります。 詳しい情報については、「GitHub Apps で認証する」を参照してください。

コマンドラインで認証する

コマンドラインから GitHub のリポジトリにアクセスするには、HTTPS と SSH の 2 つの方法がありますが、それぞれ認証方法が異なります。 認証方法は、リポジトリのクローンを作成するときに HTTPS または SSH リモート URL を選択したかどうかに基づいて決まります。 アクセス方法の詳細については、「使用するべきリモート URL」を参照してください。

  • ファイアウォールまたはプロキシの内側からでも、HTTPS を介して GitHub 上のすべてのリポジトリを操作できます。 Git を使用して GitHub で認証するたびに認証情報ヘルパーでキャッシュしない限り、GitHub で認証するための資格情報を入力するように求められます。 Password-based authentication for Git is deprecated, and we recommend using a personal access token (PAT) when prompted for a password instead, which is more secure. Treat your token just like a password. 詳しい情報については、「個人アクセストークンを作成する」を参照してください。

  • SSH 接続はファイアウォールとプロキシから許可されない場合がありますが、SSH 経由で GitHub 上のすべてのリポジトリを操作できます。 SSH を使用するには、ローカルマシンで SSH 公開鍵/秘密鍵ペアを生成し、公開鍵を GitHub アカウントに追加する必要があります。 Git を使用して GitHub で認証するたびに、キーを保存していない限り、SSH キーのパスフレーズの入力を求められます。 詳しい情報については、「新しい SSH キーを生成して ssh-agent に追加する」を参照してください。

To use a personal access token or SSH key to access resources owned by an organization that uses SAML single sign-on, you must also authorize the personal token or SSH key. 詳しい情報については、SAML シングルサインオンで利用するために個人アクセストークンを認証する」または「SAML シングルサインオンで使用するために SSH キーを認証する」を参照してください。

Did this doc help you?

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.