Skip to main content

既存の GPG キーの確認

GPG キーを生成する前に、GPG キーがすでに存在するかどうかを確認できます。

サポートされているGPGキーのアルゴリズム

GitHubはいくつかのGPGキーアルゴリズムをサポートします。 サポートされていないアルゴリズムで生成されたキーを追加しようとすると、エラーが生じることがあります。

  • RSA
  • ElGamal
  • DSA
  • ECDH
  • ECDSA
  • EdDSA

注: 既定では、macOS や Windows に GPG はインストールされていません。 GPG コマンド ライン ツールをインストールするには、GnuPG のダウンロード ページを参照してください。

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。 1. 公開キーと秘密キーの両方がある GPG キーを長い形式で一覧表示するには、gpg --list-secret-keys --keyid-format=long コマンドを使用します。 コミットやタグに署名するには秘密鍵が必要です。

    Shell
    $ gpg --list-secret-keys --keyid-format=long

    注: Linux での一部の GPG インストールには、代わりに既存のキーの一覧を表示するには、gpg2 --list-keys --keyid-format LONG の使用が必要となる場合があります。 この場合、git config --global gpg.program gpg2 を実行して gpg2 を使用するには、Git を構成する必要もあります。

  2. コマンドの出力結果を見て、GPG キーペアがあるか確認します。

    • GPG キーのペアが存在しないか、既存の GPG キーをコミットやタグへの署名に利用したくない場合、新しい GPG キーを作成します。
    • 既存の GPG キー ペアがあり、それを使用してコミットとタグの署名を行う場合は、次のコマンドを使用して公開キーを表示し、使用する GPG キー ID に置き換えます。 この例では、GPG キー ID は 3AA5C34371567BD2 です。
      $ gpg --armor --export 3AA5C34371567BD2
      # Prints the GPG key ID, in ASCII armor format
      その後、GPG キーを GitHub アカウントに追加できます。

参考資料