Skip to main content
We publish frequent updates to our documentation, and translation of this page may still be in progress. For the most current information, please visit the English documentation.

GPG キーとメールの関連付け

GPG キーは、コミッタのアイデンティティとマッチする GitHub が検証済みのメールと関連づけられなければなりません。

コミッター ID と、GitHub.com でのアカウントに関連付けられた検証済みのメール アドレスに一致する GPG キーを使っている場合、コミットやタグへの署名を始めることができます。

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。 1. 公開キーと秘密キーの両方がある GPG キーを長い形式で一覧表示するには、gpg --list-secret-keys --keyid-format=long コマンドを使用します。 コミットやタグに署名するには秘密鍵が必要です。

    Shell
    $ gpg --list-secret-keys --keyid-format=long

    注: Linux での一部の GPG インストールには、代わりに既存のキーの一覧を表示するには、gpg2 --list-keys --keyid-format LONG の使用が必要となる場合があります。 この場合、git config --global gpg.program gpg2 を実行して gpg2 を使用するには、Git を構成する必要もあります。

    1. GPGキーのリストから、使いたいGPGキーIDの長い形式をコピーしてください。 この例では、GPG キー ID は `3AA5C34371567BD2` です。 ```shell{:copy} $ gpg --list-secret-keys --keyid-format=long /Users/hubot/.gnupg/secring.gpg ------------------------------------ sec 4096R/3AA5C34371567BD2 2016-03-10 [expires: 2017-03-10] uid Hubot ssb 4096R/4BB6D45482678BE3 2016-03-10 ```
  2. gpg --edit-key GPG key ID を入力します。GPG キー ID は実際に使用するものに置き換えてください。 次の例では、GPG キー ID は 3AA5C34371567BD2 です。

    $ gpg --edit-key 3AA5C34371567BD2
  3. gpg> adduid を入力して、ユーザー ID の詳細を追加します。

    $ gpg> adduid
  4. プロンプトに従って、本名、メールアドレス、あればコメントを入力してください。 NC、または E を選択して、エントリを変更できます。 メール アドレスを非公開のままにするには、GitHub 指定の no-reply メール アドレスを使用します。 詳細については、「コミット メール アドレスを設定する」を参照してください。

    Real Name: OCTOCAT
    Email address: "octocat@github.com"
    Comment: GITHUB-KEY
    Change (N)ame, (C)omment, (E)mail or (O)kay/(Q)uit?
  5. O を入力し、選択内容を確認します。

  6. キーのパスフレーズを入力してください。

  7. gpg> save を入力し、変更を保存します

    $ gpg> save
  8. gpg --armor --export GPG key ID を入力します。GPG キー ID は実際に使用するものに置き換えてください。 次の例では、GPG キー ID は 3AA5C34371567BD2 です。

    $ gpg --armor --export 3AA5C34371567BD2
    # Prints the GPG key, in ASCII armor format
  9. GPG キーを、GitHub アカウントに追加してアップロードします。

参考資料