Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

2 要素認証を利用した GitHub へのアクセス

2FA を有効にすると、GitHub にサインインするときに、2FA 認証コードとパスワードを入力するように求められます。

2 要素認証を有効にすると、ブラウザから GitHub にアクセスするときに認証コードを入力する必要があります。 API やコマンドラインなどの他の方法を使用して GitHub にアクセスする場合は、別の形式の認証を使用する必要があります。 詳しい情報については、「GitHub への認証について」を参照してください。

Web サイトへのサインインの際に 2FA コードを提供

パスワードを使用して GitHubにサインインした後、テキストメッセージまたは TOTP アプリケーションから、認証コードを入力するよう求められます。

GitHubが 2FA 認証コードを再度求めるのは、ログアウトした場合、新しいデバイスを使う場合、またはセッションが期限切れになった場合のみです。

TOTP アプリケーションでのコード生成

スマートフォン上の TOTP アプリケーションを使用して 2 要素認証をセットアップすることにした場合は、いつでも GitHubのための認証コードを生成できます。 多くの場合、アプリケーションを起動するだけで新しいコードが生成されます。 個別の手順についてはアプリケーションのドキュメンテーションを参照してください。

2 要素認証を設定した後にモバイルアプリケーションを削除した場合、アカウントにアクセスする際にリカバリコードを入力しなければなりません。 詳しい情報については2FA クレデンシャルをなくした際のアカウントの回復を参照してください。

テキストメッセージの受信

テキストメッセージで 2 要素認証をセットアップする場合、GitHubは認証コードが記されたテキストメッセージを送信します。

Verifying with GitHub Mobile

If you have installed and signed in to GitHub Mobile, you may choose to authenticate with GitHub Mobile for two-factor authentication.

  1. Sign in to GitHub with your browser, using your username and password.

  2. If you have added a security key to your account, you'll first be prompted to insert and use a security key. To skip using a security key, click Authenticate with GitHub Mobile. Two-factor authentication challenge on GitHub with "Authenticate with GitHub Mobile" highlighted

  3. GitHub will send you a push notification to verify your sign in attempt. Opening the push notification or opening the GitHub Mobile app will display a prompt, asking you to approve or reject this sign in attempt.

    Note: This prompt may require you to enter a two-digit number displayed within the browser you are signing in to.

    Two-factor authentication challenge with GitHub Mobile requiring a two-digit input

    • Upon approving the login attempt using GitHub Mobile, your browser will complete the sign in attempt automatically.
    • Rejecting the sign in attempt will prevent the authentication from finishing. For more information, see "Keeping your account and data secure."

コマンドラインでの 2 要素認証の使用

After you've enabled 2FA, you will no longer use your password to access GitHub on the command line. Instead, use Git Credential Manager, a personal access token, or an SSH key.

Authenticating on the command line using Git Credential Manager

Git Credential Manager is a secure Git credential helper that runs on Windows, macOS, and Linux. For more information about Git credential helpers, see Avoiding repetition in the Pro Git book.

Setup instructions vary based on your computer's operating system. For more information, see Download and install in the GitCredentialManager/git-credential-manager repository.

HTTPS を利用したコマンドラインでの認証

2FA を有効化した後は、コマンドライン上で HTTPS の URL を使って GitHubの認証を受けるために、パスワードとして使うための個人アクセストークンを作成しなければなりません。

コマンドラインでユーザ名とパスワードを求められたら、GitHubのユーザ名と個人アクセストークンを入力してください。 コマンドラインプロンプトがパスワードを要求する際には、個人アクセストークンを入力すべきだということを示しません。

詳しい情報については、「個人アクセストークンを作成する」を参照してください。

SSH を利用したコマンドラインでの認証

2 要素認証を有効化しても、コマンドライン上で SSH URL を使って GitHub の認証を受けるやり方は変わりません。 SSH キーのセットアップと利用に関する詳しい情報については、「GitHub に SSH で接続する」を参照してください。

Subversion を使ったリポジトリへのアクセスでの 2 要素認証の利用

SubVersion を介してリポジトリにアクセスする際には、パスワードを入力する代わりに個人アクセストークンを提供しなければなりません。 詳しい情報については、「個人アクセストークンを作成する」を参照してください。

トラブルシューティング

2 要素認証のクレデンシャルを利用できなくなった場合、アカウントに再びアクセスするためには、リカバリコードを使用するか、その他のリカバリ方法 (セットアップ済みである場合) を使用できます。 詳しい情報については2FA クレデンシャルをなくした際のアカウントの回復を参照してください。

認証が何度も失敗するようであれば、スマートフォンのクロックをモバイルプロバイダと同期してみてください。 多くの場合、タイムゾーンを指定するのではなく、スマートフォンのクロックの「自動設定」オプションをオンにすることになります。

参考リンク