Skip to main content

アウトバウンドのWebプロキシサーバの設定

プロキシサーバは、GitHub Enterprise Serverインスタンスに追加のセキュリティのレベルをもたらしてくれます。

About proxies with GitHub Enterprise Server

GitHub Enterprise Serverインスタンス に対してプロキシサーバーが有効である場合、送信先ホストが HTTP プロキシ除外として追加されていない限り、GitHub Enterprise Server によって送信されたアウトバウンドメッセージがプロキシサーバーを経由してまず最初に送信されます。 アウトバウンドのメッセージの種類には、webhook、Bundleのアップロード、レガシーのアバターのフェッチが含まれます。 プロキシサーバのURLは、たとえばhttp://127.0.0.1:8123といったように、プロトコル、ドメインもしくはIPアドレスにポート番号を加えたものです。

メモ: GitHub Enterprise Serverインスタンス を GitHub.com に接続するには、github.comapi.github.com への接続がプロキシ設定で許可されている必要があります。 For more information, see "Connecting your enterprise account to GitHub.com."

EnterpriseでGitHub Actionsが有効化されているなら、HTTPプロキシのみがサポートされます。 SOCKS5とHTTPSプロキシはサポートされません。 For more information about using GitHub Actions with GitHub Enterprise Server, see "Getting started with GitHub Actions for GitHub Enterprise Server."

アウトバウンドのWebプロキシサーバの設定

  1. From an administrative account on GitHub Enterprise Server, in the upper-right corner of any page, click .

    Screenshot of the rocket ship icon for accessing site admin settings

  2. If you're not already on the "Site admin" page, in the upper-left corner, click Site admin.

    Screenshot of "Site admin" link

  3. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ

  4. 左のサイドバーでPrivacy(プライバシー)をクリックしてください。 設定サイドバーのプライバシータブ

  5. HTTP Proxy Server(HTTPプロキシサーバ)の下に、プロキシサーバのURLを入力してください。 HTTP プロキシサーバーのURLを入力するためのフィールド

  6. オプションで、プロキシのアクセスを要しないホストがあればHTTP Proxy Exclusion(HTTPプロキシの除外)の下にカンマ区切りで入力してください。 ドメイン内のすべてのホストをプロキシアクセスの要求から除外するには . をワイルドカードプレフィックスとして使用できます。 たとえば、.octo-org.tentacle などです。 HTTP プロキシの除外を入力するためのフィールド

  7. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。

    Screenshot of the save settings button in the Management Console

    Note: Saving settings in the Management Console restarts system services, which could result in user-visible downtime.

  8. 設定が完了するのを待ってください。

    インスタンスの設定