Skip to main content

アウトバウンドの Web プロキシ サーバーの設定

プロキシ サーバーは、your GitHub Enterprise Server instance に追加のセキュリティのレベルをもたらしてくれます。

GitHub Enterprise Server のプロキシについて

your GitHub Enterprise Server instance に対してプロキシ サーバーが有効である場合、宛先ホストが HTTP プロキシ除外として追加されていない限り、GitHub Enterprise Server によって送信されたアウトバウンド メッセージがプロキシ サーバーを経由してまず最初に送信されます。 アウトバウンドのメッセージの種類には、webhook、Bundleのアップロード、レガシーのアバターのフェッチが含まれます。 プロキシ サーバーの URL は、たとえば http://127.0.0.1:8123 といったように、プロトコル、ドメイン、または IP アドレスにポート番号を加えたものです。

メモ: your GitHub Enterprise Server instance を GitHub.com に接続するには、プロキシ構成で github.comapi.github.com への接続を許可する必要があります。 詳細については、「Enterprise アカウントを GitHub.com に接続する」を参照してください。

エンタープライズ用に GitHub Actions が有効になっている場合、HTTP プロキシのみがサポートされます。 SOCKS5 プロキシと HTTPS プロキシはサポートされていません。 GitHub Enterprise Server での GitHub Actions の使用の詳細については、「GitHub Enterprise Server 向けの GitHub Actions の概要」を参照してください。

アウトバウンドの Web プロキシ サーバーの設定

  1. GitHub Enterprise Server の管理アカウントから、任意のページの右上隅の をクリックします。

    サイト管理者設定にアクセスするための宇宙船アイコンのスクリーンショット

  2. [サイト管理者] ページにまだ表示されていない場合は、左上隅の [サイト管理者] をクリックします。

    [サイト管理者] リンクのスクリーンショット 1. 左側のサイドバーで、 [Management Console] をクリックします。 左側のサイドバーの [[Management Console]] タブ 1. 左側のサイドバーで、 [プライバシー] をクリックします。 設定サイドバーの [プライバシー] タブ

  3. [HTTP プロキシ サーバー] で、プロキシ サーバーの URL を入力します。 HTTP プロキシ サーバーの URL を入力するためのフィールド

  4. オプションで、プロキシのアクセスを必要としないホストがあれば [HTTP プロキシの除外] の下にカンマ区切りで入力します。 ドメイン内のすべてのホストをプロキシ アクセスの要求から除外するには、. をワイルドカード プレフィックスとして使用できます。 例: .octo-org.tentacle HTTP プロキシの除外を入力するためのフィールド

  5. 左側のサイドバーで、 [設定の保存] をクリックします。

    [Management Console] の [設定の保存] ボタンのスクリーンショット

    注: [Management Console] に設定を保存すると、システム サービスが再起動され、ユーザーに表示されるダウンタイムが発生する可能性があります。

  6. 設定の実行が完了するのを待ってください。

    インスタンスの設定