Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

Viewing a file

You can view raw file content or trace changes to lines in a file and discover how parts of the file evolved over time.

Viewing or copying the raw file content

With the raw view, you can view or copy the raw content of a file without any styling.

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. Click the file that you want to view.
  3. In the upper-right corner of the file view, click Raw. Screenshot of the Raw button in the file header
  4. Optionally, to copy the raw file content, in the upper-right corner of the file view, click .

Viewing the line-by-line revision history for a file

Blame ビューでは、 をクリックすることで、ファイル全体の行ごとのリビジョン履歴やファイル内の 1 つの行のリビジョン履歴を表示することができます。 をクリックするたびに、変更をコミットした者と時間を含む、その行の過去のリビジョン情報が表示されます。

Git blame ビュー

ファイルやプルリクエストでは、 メニューを使って、選択した行や行の範囲の Git blame を表示することもできます。

選択した行の Git blame を表示するオプションのあるケバブメニュー

ヒント: コマンドライン上で、ファイル内の行のリビジョン履歴を表示するために git blame を使うこともできます。 詳細は Git の git blame のドキュメンテーションを参照してください。

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. クリックして、表示したい行の履歴のファイルを開きます。
  3. ファイルビューの右上隅で [Blame] をクリックして blame ビューを開きます。 [Blame] ボタン
  4. 特定の行の過去のリビジョンを表示するには、見てみたい変更が見つかるまで をクリックします。 さらに前の状態に遡るボタン