Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

リポジトリのフォークポリシーを管理する

Organization が所有する特定のプライベートまたは内部リポジトリのフォークを許可または禁止できます。

People with admin permissions for a repository can manage the forking policy for the repository.

Organization のオーナーは、特定のリポジトリのフォークを許可または禁止する前に、Organization レベルでプライベートおよび内部リポジトリのフォークを許可する必要があります。 詳細は「Organization のフォークポリシーを管理する」を参照してください。

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. [Features] の下で [Allow forking] (フォークを許可) を選択します。 プライベートリポジトリのフォークの許可あるいは禁止のチェックボックス

参考リンク