リポジトリ間の接続を理解する

You can better understand the connections that exist between repositories by viewing a repository's network and forks and the projects that depend on the repository.

This repository insights graph is available in public repositories with GitHub Free and GitHub Free for organizations, and in public and private repositories with GitHub Pro, GitHub Team, GitHub Enterprise Cloud, and GitHub Enterprise Server.

リポジトリのネットワークを表示する

ネットワークグラフには、ルートリポジトリのブランチとネットワークに固有のコミットを含むフォークのブランチを含む、リポジトリネットワーク全体のブランチ履歴が表示されます。

リポジトリネットワークグラフ

ヒント: 古いブランチを表示するには、グラフ内をクリックしてドラッグします。

ネットワークグラフにアクセスする

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Insights(インサイト)をクリックしてください。 リポジトリのナビゲーションバーのインサイトタブ
  3. 左サイドバーで [Network] をクリックします。 [Network] タブ

リポジトリのフォークをリストする

メンバーグラフには、リポジトリのすべてのフォークが表示されます。

フォークは、リポジトリをフォークしたユーザの名前のアルファベット順に表示されます。 ユーザ名をクリックして、そのユーザの GitHub Enterprise Server プロフィール ページにリダイレクトすることも、フォーク名をクリックして、リポジトリの特定のフォークにリダイレクトすることもできます。

リポジトリ メンバーグラフ

メンバーグラフにアクセスする

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Insights(インサイト)をクリックしてください。 リポジトリのナビゲーションバーのインサイトタブ
  3. 左サイトバーで [Forks] をクリックします。 [Forks] タブ

リポジトリの依存関係を表示する

依存関係グラフを使用して、リポジトリが依存するコードを調べることができます。

ほとんどすべてのソフトウェアは、他の開発者 (サプライチェーンとして知られる) によって開発および保守されているコードに依存しています。 たとえば、ユーティリティ、ライブラリ、フレームワークなどです。 これらの依存関係はコードの不可欠な部分であり、それらのバグや脆弱性がコードに影響を与える可能性があります。 これらの依存関係をレビューして維持することが重要です。

依存関係グラフは、リポジトリの依存関係を視覚化して調査するために最適な方法を提供しています。 詳しい情報については、「依存関係グラフについて」および「リポジトリの依存関係を調べる 」を参照してください。

依存関係の 1 つにセキュリティの脆弱性が見つかった場合は、GitHub が自動的に警告するようにリポジトリを設定することもできます。 詳しい情報については、「脆弱性のある依存関係に対するアラートについて」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?