Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2023-01-18. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

ファイルの表示

生ファイルの内容を表示するか、ファイルの行に対する変更を追跡し、時間の経過とともにファイルの各部分がどのように変化したかを確認できます。

生ファイルの内容を表示またはコピーする

生のビューを使用すると、スタイルを設定せずにファイルの生のコンテンツを表示またはコピーできます。

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository.
  2. 表示するファイルをクリックします。
  3. ファイル ビューの右上隅にある [未加工] をクリックします。 ファイル ヘッダーの [未加工] ボタンのスクリーンショット
  4. 必要に応じて、生ファイルの内容をコピーするには、ファイル ビューの右上隅にある をクリックします。

ファイルの行ごとのリビジョン履歴の表示

[変更履歴] ビューでは、 をクリックすることで、ファイル全体の行ごとのリビジョン履歴やファイル内の 1 つの行のリビジョン履歴を表示することができます。 をクリックするたびに、変更をコミットした者と時間を含む、その行の過去のリビジョン情報が表示されます。

Git blame ビュー

ファイルや pull request では、 メニューを使って、選択した行または行の範囲の Git blame を表示することもできます。

選択した行の Git blame を表示するオプションのあるケバブメニュー

ヒント: コマンド ラインでは、git blame を使用してファイル内の行のリビジョン履歴を表示することもできます。 詳細については、Gitgit blame のドキュメントを参照してください。

  1. On your GitHub Enterprise Server instance, navigate to the main page of the repository.
  2. クリックして、表示したい行の履歴のファイルを開きます。
  3. ファイル ビューの右上隅で [変更履歴] をクリックして [変更履歴] ビューを開きます。 [変更履歴] ボタン
  4. 特定の行の過去のリビジョンを表示、または変更履歴の変更を行うには、見てみたい変更が見つかるまで をクリックします。 さらに前の状態に遡るボタン

[変更履歴] ビューで .git-blame-ignore-revs をバイパスする

ファイルの [変更履歴] ビューに [Ignoring revisions in .git-blame-ignore-revs](.git-blame-ignore-revs でリビジョンを無視する) と表示されている場合でも、.git-blame-ignore-revs をバイパスして通常の [変更履歴] ビューを表示できます。 URL で ~ を SHA に追加すると、 [Ignoring revisions in .git-blame-ignore-revs](.git-blame-ignore-revs でリビジョンを無視する) が消えます。