ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Managing GitHub Actions settings for a repository

You can disable or configure GitHub Actions for a specific repository.

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

About GitHub Actions permissions for your repository

デフォルトでは、your GitHub Enterprise Server instance上で有効化されると、GitHub ActionsはすべてのリポジトリとOrganizationで有効になります。 You can choose to disable GitHub Actions or limit them to local actions only, which means that people can only use actions that exist in your repository. For more information about GitHub Actions, see "About GitHub Actions."

You can enable GitHub Actions for your repository. When you enable GitHub Actions, workflows are able to run actions located within your repository and any other public or internal repository. You can disable GitHub Actions for your repository altogether. GitHub Actionsを無効化すると、リポジトリでワークフローが実行されなくなります。

Alternatively, you can enable GitHub Actions in your repository but limit the actions a workflow can run. ローカルアクションのみを有効化した場合、ワークフローはリポジトリ、Organization、Enterprise内のアクションだけを実行できるようになります。

Managing GitHub Actions permissions for your repository

You can disable all workflows for a repository or set a policy that configures which actions can be used in a repository.

Allow select actions(アクションの選択を許可)を選択すると、ローカルアクションが許可され、他の特定のアクションを許可するための追加のオプションがあります。 詳しい情報については「特定のアクションの実行の許可」を参照してください。

ローカルアクションだけを許可した場合、そのポリシーはGitHubが作成したアクションへのすべてのアクセスをブロックします。 For example, the actions/checkout action would not be accessible.

Note: You might not be able to manage these settings if your organization has an overriding policy or is managed by an enterprise that has overriding policy. For more information, see "Disabling or limiting GitHub Actions for your organization" or "Enforcing policies for GitHub Actions in your enterprise."

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
  4. Under Actions permissions, select an option. Set actions policy for this organization
  5. Click Save.

Allowing specific actions to run

Allow select actions(アクションの選択を許可)を選択すると、ローカルアクションが許可され、他の特定のアクションを許可するための追加のオプションがあります。

  • Allow actions created by GitHub(GitHubが作成したアクションのを許可): GitHubが作成したすべてのアクションをワークフローから使うことを許可できます。 Actions created by GitHub are located in the actions and github organizations. For more information, see the actions and github organizations.

  • Allow Marketplace actions by verified creators: This option is available if you have GitHub Connect enabled and configured with GitHub Actions. For more information, see "Enabling automatic access to GitHub.com actions using GitHub Connect." You can allow all GitHub Marketplace actions created by verified creators to be used by workflows. When GitHub has verified the creator of the action as a partner organization, the badge is displayed next to the action in GitHub Marketplace.

  • Allow specified actions(指定したアクションの許可): ワークフローから利用できるのを特定のOrganizationやリポジトリ内のアクションに限定できます。

    アクションの特定のタグあるいはコミットSHAにアクセスを制限するには、アクションを選択するためにワークフローで使われる野と同じ<OWNER>/<REPO>@<TAG OR SHA>構文を使ってください。 たとえばタグを選択するためにactions/javascript-action@v1.0.1、あるいはSHAを選択するためにactions/javascript-action@172239021f7ba04fe7327647b213799853a9eb89というようにします。 詳しい情報については「アクションの発見とカスタマイズ」を参照してください。

    パターンのマッチには、ワイルドカードキャラクタの*が使えます。 たとえば、space-orgで始まるOrganization内のすべてのアクションを許可したいなら、space-org*/*と指定できます。 octocatで始まるリポジトリ内のすべてのアクションを許可したいなら、*/octocat*@*が使えます。 ワイルドカードの*の利用に関する詳しい情報については「GitHub Actionsのためのワークフロー構文」を参照してください。

この手順は、特定のアクションを許可リストに追加する方法を示しています。

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
  4. Under Actions permissions, select Allow select actions and add your required actions to the list. Add actions to allow list
  5. Click Save.

Enabling workflows for private repository forks

プライベートリポジトリのフォークの利用に依存しているなら、ユーザがどのようにpull_requestイベントの際にワークフローを実行できるかを制御するポリシーを設定できます。 Available to private and internal repositories only, you can configure these policy settings for your enterprise, organizations, or repositories. For enterprises, the policies are applied to all repositories in all organizations.

  • Run workflows from fork pull requests(フォークのPull Requestからワークフローを実行) - 読み取りのみの権限を持ち、シークレットにはアクセスできないGITHUB_TOKENを使って、フォークのPull Requestからワークフローを実行することをユーザに許可します。
  • Send write tokens to workflows from pull requests(Pull Requestから書き込みトークンをワークフローに送信) - 書き込み権限を持つGITHUB_TOKENの利用をフォークからのPull Requestに許可します。
  • Send secrets to workflows from pull requests(Pull Requestからワークフローにシークレットを送信) - すべてのシークレットをPull Requestから利用可能にします。

Configuring the private fork policy for a repository

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
  4. Fork pull request workflows(Pull Requestワークフローのフォーク)の下で、オプションを選択してください。 例: このリポジトリのアクションを有効化、無効化、または制限する
  5. Save(保存)をクリックして、設定を適用してください。

Configuring the retention period for GitHub Actions artifacts and logs in your repository

You can configure the retention period for GitHub Actions artifacts and logs in your repository.

デフォルトでは、ワークフローによって生成された成果物とログファイルは、90日間保持された後自動的に削除されます。 この保持の期間は、リポジトリの種類によって調整できます。

  • パブリックリポジトリの場合: この保持時間を1日から90日の間で変更できます。

  • For private and internal repositories: you can change this retention period to anywhere between 1 day or 400 days.

保持期間をカスタマイズした場合、適用されるのは新しい成果物とログファイルに対してであり、既存のオブジェクトにさかのぼっては適用されません。 管理されたリポジトリ及びOrganizationについては、最大の保持期間は管理するOrganizationあるいはEnterpriseによって設定された上限を超えることはできません。

You can also define a custom retention period for a specific artifact created by a workflow. For more information, see "Setting the retention period for an artifact."

Setting the retention period for a repository

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。
  4. Artifact and log retention duration(成果物とログの保持期間)の下で、新しい値を入力してください。
  5. Save(保存)をクリックして、変更を適用してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?