Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-06-03. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの改善、新機能のためには、最新バージョンのGitHub Enterpriseにアップグレードしてください。 アップグレードに関する支援については、GitHub Enterprise supportに連絡してください。

プルリクエストにコミットの squash を設定する

リポジトリで、your GitHub Enterprise Server instance でのすべてのプルリクエストマージについて、コミットの squash を強制、許可、または無効にできます。

your GitHub Enterprise Server instance 上でプルリクエストのマージオプションを設定して、ワークフローの要求と Git の履歴管理への要望を満たすことができます。 詳しい情報についてはプルリクエストのマージの設定を参照してください。

squashマージのデフォルトのコミットメッセージに関する情報については「プルリクエストのマージについて」を参照してください。

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン
  3. Under "Merge button", optionally select Allow merge commits. これにより、コントリビューターがコミットの全ての履歴と共にプルリクエストをマージできるようになります。 allow_standard_merge_commits
  4. Under "Merge button", select Allow squash merging. これにより、コントリビューターが全てのコミットを 1 つのコミットに squash してプルリクエストをマージできるようになります。 The squash message automatically defaults to the title of the pull request if it contains more than one commit. Pull request squashed commits

If you select more than one merge method, collaborators can choose which type of merge commit to use when they merge a pull request. If there is a protected branch rule in your repository that requires a linear commit history, you must allow squash merging, rebase merging, or both. 詳しい情報については保護されたブランチについてを参照してください。

参考リンク