Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Removing workflow artifacts

You can reclaim used GitHub Actions storage by deleting artifacts before they expire on GitHub Enterprise Server.

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

Deleting an artifact

Warning: Once you delete an artifact, it can not be restored.

これらのステップを実行するには、リポジトリへの書き込みアクセスが必要です。

By default, GitHub Enterprise Server stores build logs and artifacts for 90 days, and this retention period can be customized. For more information, see "Usage limits, billing, and administration."

  1. your GitHub Enterprise Server instanceで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. Under your repository name, click Actions. メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ

  3. 左のサイドバーで、表示させたいワークフローをクリックしてください。 左サイドバーのワークフローのリスト

  4. From the list of workflow runs, click the name of the run to see the workflow run summary.

    ワークフローの実行の名前

  5. Under Artifacts, click next to the artifact you want to remove.

    Delete artifact drop-down menu

Setting the retention period for an artifact

Retention periods for artifacts and logs can be configured at the repository, organization, and enterprise level. For more information, see "Usage limits, billing, and administration."

You can also define a custom retention period for individual artifacts using the actions/upload-artifact action in a workflow. For more information, see "Storing workflow data as artifacts."

Finding the expiration date of an artifact

You can use the API to confirm the date that an artifact is scheduled to be deleted. For more information, see the expires_at value returned by "List artifacts for a repository."