ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

インターネットにアクセスできないセルフホストランナーにツールキャッシュを設定する

インターネットにアクセスできないセルフホストランナー上の actions/setup アクションを使用するには、最初にワークフローのランナーのツールキャッシュにデータを入力する必要があります。

ここには以下の内容があります:

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHub public roadmapで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

含まれているセットアップアクションとランナーツールキャッシュについて

GitHub Enterprise Server上のGitHub Actionsは、インターネットアクセスのない環境で動作するように設計されています。 デフォルトでは、ワークフローはGitHub.com及びGitHub Marketplaceからのアクションを使うことができません。

ほとんどの公式の GitHub 作成のアクションは自動的に GitHub Enterprise Server にバンドルされます。 ただし、インターネットにアクセスできないセルフホストランナーは、setup-node などの含まれている actions/setup-LANGUAGE アクションを使用する前に、いくつかの設定が必要になります。

actions/setup-LANGUAGE アクションは通常、必要な環境バイナリをランナーのツールキャッシュにダウンロードするためにインターネットアクセスが必要です。 インターネットにアクセスできないセルフホストのランナーはバイナリをダウンロードできないため、ランナーのツールキャッシュに手動でデータを入力する必要があります。

GitHub.com で GitHub Actions ワークフローを実行してランナーツールキャッシュにデータを入力できます。このワークフローは、GitHub ホストランナーのツールキャッシュをアーティファクトとしてアップロードし、インターネットで切断されたセルフホストランナーで転送および抽出できます。

注釈: GitHub ホストランナーのツールキャッシュは、同じオペレーティングシステムとアーキテクチャを含むセルフホストランナーにのみ使用できます。 たとえば、ubuntu-18.04 GitHub ホストランナーを使用してツールキャッシュを生成している場合、セルフホストランナーは 64 ビットの Ubuntu18.04 マシンである必要があります。 サポートされている GitHub ホストランナーに関する詳しい情報については、「GitHub ホストランナーの仮想環境」を参照してください。

必要な環境

  • セルフホストランナーに必要な開発環境を決定します。 次の例は、Node.js バージョン 10 および 12 を使用して、setup-node アクションのツールキャッシュにデータを入力する方法を示しています。
  • ワークフロー実行に使用できる GitHub.com のリポジトリへのアクセス。
  • セルフホストのランナーのファイルシステムにアクセスして、ツールのキャッシュフォルダーにデータを入力します。

セルフホストランナーのツールキャッシュに入力する

  1. GitHub.com で、GitHub Actions ワークフローの実行に使用できるリポジトリに移動します。

  2. GitHub ホストランナーのツールキャッシュを含むアーティファクトをアップロードする、リポジトリの .github/workflows フォルダに新しいワークフローファイルを作成します。

    次の例は、Node.js バージョン 10 および 12 で setup-node アクションを使用して、Ubuntu18.04 環境のツールキャッシュをアップロードするワークフローを示しています。

    name: Upload Node.js 10 and 12 tool cache
    on: push
    jobs:
      upload_tool_cache:
        runs-on: ubuntu-18.04
        steps:
          - name: Clear any existing tool cache
            run: |
              mv "${{ runner.tool_cache }}" "${{ runner.tool_cache }}.old"
              mkdir -p "${{ runner.tool_cache }}"
          - name: Setup Node 10
            uses: actions/setup-node@v1
            with:
              node-version: 10.x
          - name: Setup Node 12
            uses: actions/setup-node@v1
            with:
              node-version: 12.x
          - name: Archive tool cache
            run: |
              cd "${{ runner.tool_cache }}"
              tar -czf tool_cache.tar.gz *
          - name: Upload tool cache artifact
            uses: actions/upload-artifact@v2
            with:
              path: ${{runner.tool_cache}}/tool_cache.tar.gz
    
  3. ワークフロー実行からツールキャッシュアーティファクトをダウンロードします。 アーティファクトのダウンロード手順については、「ワークフローアーティファクトをダウンロードする」を参照してください。

  4. ツールキャッシュアーティファクトをセルフホストランナーに転送し、ローカルツールキャッシュディレクトリに抽出します。 デフォルトのツールキャッシュディレクトリは RUNNER_DIR/_work/_tool です。 ランナーがまだジョブを処理していない場合は、_work/_tool ディレクトリを作成する必要がある場合があります。

    上記の例でアップロードされたツールキャッシュアーティファクトを抽出した後、次の例のようなセルフホストランナーのディレクトリ構造を作成する必要があります。

    RUNNER_DIR
    ├── ...
    └── _work
        ├── ...
        └── _tool
            └── node
                ├── 10.22.0
                │   └── ...
                └── 12.18.3
                    └── ...
    

これで、インターネットにアクセスできないセルフホストランナーが setup-node アクションを使用できるようになります。 問題が発生した場合は、ワークフローに適切なツールキャッシュを設定していることを確認してください。 たとえば、setup-python アクションを使用する必要がある場合は、使用する Python 環境をツールキャッシュに入力する必要があります。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.