ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

High Availabilityレプリカの削除

GitHub Enterprise Server レプリカへのレプリケーションを一時的に停止することも、レプリケーションを恒久的に削除することもできます。

ここには以下の内容があります:

一時的なレプリケーションの停止

  1. 必要に応じて、Geo-replication レプリカ用の Geo DNS エントリを削除することで、そのレプリカにユーザトラフィックを処理させないようにします。
  2. レプリケーションを一時的に停止させたいレプリカで、ghe-repl-stop を実行します。
    $ ghe-repl-stop
  3. レプリケーションを再開するには、ghe-repl-start を実行します。
    $ ghe-repl-start

レプリケーションの恒久的な削除

  1. 必要に応じて、Geo-replication レプリカ用の Geo DNS エントリを削除することで、そのレプリカにユーザトラフィックを処理させないようにします。

  2. レプリケーションを削除するレプリカで、ghe-repl-stop を実行します。

    $ ghe-repl-stop
  3. レプリカでレプリケーション状態を解除するには、ghe-repl-teardown を実行します。

    $ ghe-repl-teardown

    注釈: GitHub Actions を有効化している場合は、以前のレプリカサーバーを使用停止するか、その GitHub Actions 設定を更新して別の外部ストレージを使用する必要があります。 詳しい情報については、「GitHub Actions の High Availability 設定」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.