Skip to main content

Developing in a codespace

You can open a codespace on GitHub Enterprise Cloud, then develop using Visual Studio Code's features.

GitHub Codespaces は、GitHub Team または GitHub Enterprise Cloud を使用する Organization で利用できます。 GitHub Free および GitHub Pro プランの個人ユーザーも、GitHub Codespaces を制限付きのベータ リリースとして利用できます。 詳細については、「GitHub's products」を参照してください。

About development with GitHub Codespaces

GitHub Codespaces provides you with the full development experience of Visual Studio Code. VS Code の codespace で開発をする際に、コードを編集し、デバッグし、Gti のコマンドを使うことができます。 詳しい情報については、VS Code のドキュメントを参照してください。

To get started with GitHub Codespaces, see "Quickstart for GitHub Codespaces." For more information on creating or reopening a codespace, see "Creating a codespace" and "Opening an existing codespace." To learn more about how GitHub Codespaces works, see "Deep dive into GitHub Codespaces."

Codespace overview with annotations

  1. Side Bar - By default, this area shows your project files in the Explorer.
  2. Activity Bar - This displays the Views and provides you with a way to switch between them. You can reorder the Views by dragging and dropping them.
  3. Editor - This is where you edit your files. You can use the tab for each editor to position it exactly where you need it.
  4. Panels - This is where you can see output and debug information, as well as the default place for the integrated Terminal.
  5. Status Bar - This area provides you with useful information about your codespace and project. For example, the branch name, configured ports, and more.

For more information on using VS Code, see the User Interface guide in the VS Code documentation.

codespace には VS Code から直接接続できます。 詳細については、「VS Code で Codespaces を使用する」を参照してください。

For the best experience with GitHub Codespaces, we recommend using a Chromium-based browser, like Google Chrome or Microsoft Edge. For more information, see "Troubleshooting GitHub Codespaces clients."

Personalizing your codespace

ドットファイル リポジトリと同期設定を使用して、作成した任意の codespace の codespace 環境のアスペクトをパーソナライズすることもできます。 パーソナライズには、シェルの環境設定や追加のツールが含まれます。 For more information, see "Personalizing GitHub Codespaces for your account."

リポジトリのための GitHub Codespaces の設定が変更された後、codespace のコンテナーをリビルドしてその変更を既存の codespace に適用できます。 For more information, see "Introduction to dev containers."

Running your app from a codespace

アプリケーションのテストとデバッグのために、codespace中のポートをフォワードできます。 また、ポート プロトコルを管理し、組織内またはパブリックにポートを共有することもできます。 For more information, see "Forwarding ports in your codespace."

Committing your changes

新しいコードであれ、設定の変更であれ、codespaceに変更を加えたら、その変更をコミットしたくなるでしょう。 リポジトリに変更をコミットすれば、このリポジトリからcodespaceを作成する他の人が、同じ設定になることを保証できます。 これはまた、VS Code 拡張機能の追加など、行うすべてのカスタマイズが、すべてのユーザーに対して現れるようになるということでもあります。

詳細については、「コードスペースでソース管理を使用する」を参照してください。

Using the Visual Studio Code Command Palette

The Visual Studio Code Command Palette allows you to access and manage many features for GitHub Codespaces and VS Code. For more information, see "Using the VS Code Command Palette in GitHub Codespaces."