Skip to main content

codespace を削除する

不要になった codespace を削除することができます。

概要

GitHub Codespaces は、停止され、非アクティブな状態が定義された日数を過ぎると、自動的に削除されます。 各 codespace の保持期間は codespace の作成時に設定し、変わることはありません。 既定の保持期間は 30 日です。 詳しくは、「codespace の自動削除を構成する」をご覧ください。

codespace を手動で削除するには、さまざまな方法があります。

  • ターミナルで GitHub CLI を使う
  • Visual Studio Code で
  • Web ブラウザーで

この記事の上部にあるタブを使って、codespace を削除する各種方法の手順を表示してください。

: codespace は JetBrains Gateway、JetBrains クライアント アプリケーション、JupyterLab 内から削除できません。

未使用の codespace を削除すべき理由

codespace の格納にはコストがかかります。 そのため、不要になった codespace は削除する必要があります。 詳しくは、「GitHub Codespaces の請求について」を参照してください。

作成できる codespace の数と、同時に実行できる codespace の数には制限があります。 これらの制限は、いくつかの要因によって異なります。 codespace の最大数に達してからさらに作成しようとすると、新しい codespace を作成する前に既存のものを削除する必要があることを示すメッセージが表示されます。

codespace を削除する

  1. GitHub.com の左上隅にある を選択し、 コードスペース をクリックして、github.com/codespaces のページに移動します。

  2. 削除する codespace の右で をクリックし、 [ 削除] をクリックします。

    codespace 一覧と、その 1 つのドロップダウン メニューを示すスクリーンショット。[削除] オプションが表示されています。

: このダッシュボードには表示されない追加のストレージを使っている事前ビルドの codespace が存在する場合があります。 それらを削除するには、「事前ビルド構成を削除する」を参照してください。

現在 codespace で作業していない場合、VS Code 内から codespace を削除できます。

  1. VS Code のアクティビティ バーで、[リモート エクスプローラー] アイコンをクリックします。

    アクティビティ バーのスクリーンショット。 [リモート エクスプローラー] サイド バーのアイコン (四角形の上に円が重なっている) がオレンジ色の枠線で強調表示されています。

    : リモート エクスプローラーがアクティビティ バーに表示されない場合:

    1. コマンド パレットにアクセスします。 たとえば、Shift + Command + P (Mac) / Ctrl + Shift + P (Windows/Linux) を押します。
    2. 次のコマンドを入力します: details
    3. [コードスペース: 詳細] をクリックします。
  2. [GitHub Codespaces] の下で、削除したい codespace を右クリックします。

  3. [Codespace の削除] をクリックします。

GitHub CLI の詳細については、「GitHub CLI について」を参照してください。

codespace を削除するには、gh codespace delete サブコマンドを使用し、表示されるリストから codespace を選択します。

gh codespace delete

保存していない変更がある場合は、削除の確認を求めるメッセージが表示されます。 --force フラグを使用すると、このプロンプトを回避して強制的に削除できます。

このコマンドの詳細については、GitHub CLI に関するマニュアルを参照してください。

codespace の一括削除

GitHub CLI を使用すると、1 つのコマンドで複数またはすべての codespace を削除できます。 詳細については、このページの上部にある [GitHub CLI] タブをクリックしてください。

GitHub CLI を使用すると、1 つのコマンドで複数またはすべての codespace を削除できます。 詳細については、このページの上部にある [GitHub CLI] タブをクリックしてください。

gh codespace delete の後に次のフラグのいずれかを使用すると、1 つのコマンドを使用して、複数またはすべての codespace を削除できます。

--all - すべての codespace を削除します。

--repo REPOSITORY - このリポジトリのすべての codespace を削除します。 または、--days フラグと共に使用して、codespace の経過時間でフィルターします。

--days NUMBER - 指定した日数より古い codespace をすべて削除します。 --repo フラグと共に使用できます。

既定では、保存されていない変更を含む codespace の削除を確認するメッセージが表示されます。 --force フラグを使用して、この確認をスキップできます。

7 日以上前に作成した octo-org/octo-repo リポジトリのすべての codespace を削除します。

gh codespace delete --repo octo-org/octo-repo --days 7

組織内の codespace を削除する

組織の所有者は、GitHub CLI を使用して、組織内の任意の codespace を削除できます。

詳細については、このページの上部にある [GitHub CLI] タブをクリックしてください。

詳細については、このページの上部にある [GitHub CLI] タブをクリックしてください。

  1. 次のいずれかのコマンドを入力して、codespace の一覧を表示します。

    • gh codespace delete --org ORGANIZATION - 指定した組織内の現在の codespace を一覧表示します。
    • gh codespace delete --org ORGANIZATION --user USER - 指定したユーザーが作成した codespace のみを一覧表示します。 自分が指定した組織の所有者である必要があります。
  2. codespace の一覧で、削除したい codespace に移動します。

  3. 選択した codespace を削除するには、Enter キーを押します。

    codespace に未保存の変更が含まれている場合は、削除の確認を求めるメッセージが表示されます。

REST API を使用して組織の codespace を削除することもできます。 詳しくは、「Codespaces Organizations」を参照してください。

参考資料