Skip to main content

codespace のマシンの種類を変更する

codespace を実行しているマシンの種類を変更し、実行している作業に適したリソースを使用できます。

マシンの種類について

通常、任意の種類のリモート マシン上で codespace を実行できます。 これらのマシンの種類には、2 コアから 32 コアまでのハードウェア仕様が用意されていますが、すべての種類のマシンが常に使用できるわけではありません。 マシンの各種類には、それぞれ異なるレベルのリソースと異なる請求レベルが用意されています。 詳しくは、「GitHub Codespaces の請求について」をご覧ください。

既定では、codespace を作成するときに、有効なリソースが最も少ないマシンの種類が使われます。 codespace を作るときは、あるいは codespace の作成後はいつでも、代替マシンの種類を選べます。

codespace を作成するときのマシンの種類の選択については、「リポジトリの codespace を作成する」をご覧ください。

発行されていない codespace (GitHub Enterprise Cloud のリポジトリにリンクされていないテンプレートから作成された codespace) は、常に同じ仕様の仮想マシン上で実行されます。 発行されていない codespace のマシンの種類を変更することはできません。 詳しくは、「テンプレートから codespace を作成する」をご覧ください。

マシンの種類の変更

: 使用可能なマシンは、数多くの要因によって、選択の幅が制限されます。 これには、Organization に対して構成されているポリシーや、リポジトリでの最低限の種類のマシン仕様が含まれます。 詳細については、「コンピューターの種類へのアクセスを制限する」および「codespace コンピューターに対して最小仕様を設定する」を参照してください。

  1. GitHub.com の左上隅にある を選択し、 コードスペース をクリックして、github.com/codespaces のページに移動します。

    各コードスペースについて、コア数、メモリ、ストレージ容量、現在使用中のストレージが表示されます。 狭いブラウザー ウィンドウを使用している場合、一部の詳細は省略されます。

    https://github.com/codespaces ページ上の 3 つのコードスペースのリストのスクリーンショット。」

  2. 変更する codespace の右側にある省略記号 ( ... ) をクリックします。

  3. [マシンの種類を変更する] をクリックします。

    codespace のドロップダウン メニューのスクリーンショット。 [マシンの種類の変更] オプションが強調表示されています。

  4. codespace で複数のコンピューターの種類を使える場合、使うマシンの種類を選びます。

    2 コアと 4 コアという 2 種類のマシンの種類を示すダイアログのスクリーンショット。

  5. [codespace の更新] をクリックします。

  1. VS Code で、Command + Shift + P (Mac) または Ctrl + Shift + P (Windows/Linux) を使ってコマンド パレットを開きます。

  2. 「Codespaces: マシンの種類の変更」を検索して選択します。

    検索文字列として「change machine」と入力され、ドロップダウン リストに [Codespaces: マシンの種類の変更] と表示されているスクリーンショット。

  3. codespace 内でこれらの手順に従っていない場合は、変更する codespace をクリックします。

    4 つの codespace のドロップダウン リストを示すスクリーンショット。

    codespace でこれらの手順に従っている場合は、作業中の codespace に変更が適用されます。

  4. 使用するマシンの種類を選択びます。

  5. 異なるストレージ容量を持つマシンの種類に変更する場合は、続行するかどうかを確認するプロンプトが表示されます。 そのプロンプトを読み、 [はい] をクリックして同意します。

GitHub CLI をインストールすると、それを使用して GitHub Codespaces で操作できます。 GitHub CLI のインストール手順については、GitHub CLI リポジトリを参照してください。

gh codespace edit --machine MACHINE-TYPE-NAME GitHub CLI コマンドを使用して、codespace のマシンの種類を変更できます。 このコマンドを使用するには、まず codespace で使用可能なマシンの種類を確認する必要があります。

  1. codespaces の一覧を表示するには、ターミナルで次のコマンドを入力します。

    gh codespace list
    
  2. 必要に応じて、codespace 用の現在のマシンの種類を検索するには、次のコマンドを入力します。

    gh api /user/codespaces/CODESPACE-NAME
    

    CODESPACE-NAME を codespace の永続的な名前に置き換えます (例: literate-space-parakeet-w5vg5ww5p793g7g9)。 永続的な名前は、gh codespace list によって返される一覧の NAME 列の下に一覧表示されます。

    codespace スコープを要求するように求められた場合は、ターミナルの指示に従います。

    現在のマシンについて詳しくは、machine フィールドの下に一覧表示されます。

  3. codespace で使用可能なマシンの種類を見つけるには、次のコマンドを入力します。

    gh api /user/codespaces/CODESPACE-NAME/machines
    

    CODESPACE-NAME を codespace の永続的な名前に置き換えます (例: literate-space-parakeet-w5vg5ww5p793g7g9)。

  4. codespace 用のマシンの種類を変更するには、次のコマンドを入力します。

    gh codespace edit --machine MACHINE-TYPE-NAME
    

    MACHINE-TYPE-NAME を codespace で使用できるマシンの種類の名前に置き換えます (例: standardLinux32gb)。

  5. 方向キーを使用して、変更する codespace に移動して、Enter キーを押します。

ストレージ容量が異なる仮想マシンに変更した場合 (たとえば、64 GB から 32 GB)、そのマシンの種類が変更される間の短い期間には codespace を使用できなくなります。 codespace が現在アクティブの場合は、自動的に停止されます。 変更が完了すると、新しい種類のマシンで実行されている codespace を再起動できます。

同じストレージ容量を持つ仮想マシンに変更した場合は、次回 codespace を再起動するときに変更が適用されます。 アクティブな codespace は自動的に停止されません。 codespace の再起動の詳細については、「codespace の停止と開始」を参照してください。

参考資料