Skip to main content

組織での GitHub Codespaces のコストの管理

GitHub Codespaces の使用状況を確認し、使用制限を設定できます。

この機能を使用できるユーザー

To manage billing for GitHub Codespaces for an organization, you must be an organization owner or a billing manager.

重要

GitHub Team プランや GitHub Enterprise プランを利用している組織は、メンバーやコラボレーターによる GitHub Codespaces の使用料を支払うことができます。 これらの組織は、設定やポリシーにアクセスして、組織によって支払われる codespace を管理できます。 詳細については、「組織内の codespace を誰が所有し、支払うかの選択」および「GitHub のプラン」を参照してください。

概要

組織は、GitHub Codespaces のコンピューティングとストレージの使用量に応じて課金されます。 この記事では、組織所有者としてこれらのコストを管理する方法について説明します。

GitHub Codespaces の価格については、「GitHub Codespaces の請求について」をご覧ください。

使用制限

組織内の GitHub Codespaces の使用制限を設定できます。 この制限は、GitHub Codespaces のコンピューティングとストレージの合計コストに適用されます。 詳しくは、「GitHub Codespaces の使用制限の管理」を参照してください。

  • コンピューティング使用量: これは、請求月にすべての GitHub Codespaces インスタンス ("codespaces") がアクティブであった合計時間です。

  • ストレージ使用量: GitHub Codespaces の課金目的の場合、アカウント内のすべての codespace とプレビルドで使用されるすべてのファイルが含まれます。 これには特に、クローンされたリポジトリ、構成ファイル、拡張機能などのリソースが含まれます。

現在の請求月の GitHub Codespaces のコンピューティングとストレージの使用量を確認できます。 詳しくは、「GitHub Codespaces の使用状況の表示」をご覧ください。

: GitHub Codespaces のプレビルドは、GitHub Actions を使用して作成および更新されます。 これにより、GitHub Actions の課金対象コストが発生する可能性があります。 GitHub Actions に対して使用制限を設定できます。 詳細については、「GitHub Codespaces の請求について」および「GitHub Actions の使用制限の管理」を参照してください。 生成されたプレビルドのストレージは、codespace と同じレートで課金され、GitHub Codespaces の使用制限に含まれます。

Codespaces への請求の無効化または制限

組織内の Codespaces のすべての使用が、codespace を作成したユーザーに請求されるように選択することができます。 または、Organization の費用で Codespaces を使うことができる Organization のメンバーまたはコラボレーターを指定できます。 詳しくは、「組織内の codespace を誰が所有し、支払うかの選択」を参照してください。

codespace の請求が組織に対して行われる場合に、ユーザーが作成できる codespace の数を制限できます。 これは、組織の codespace ストレージの料金を削減するのに役立ちます。 詳しくは、「ユーザーが作成できる組織に請求される codespace の数の制限」を参照してください。

特定のリポジトリ用に作成された codespace からアクセスできるリポジトリを構成できます。 詳しくは、「codespace 内の他のリポジトリへのアクセスの管理」を参照してください。

Organization が所有するリポジトリから作成された codespace で使うことができるコンピューターの種類を制限できます。 これにより、ユーザーがリソースの多いコンピューターを codespace に使えないようにしたり、不要な料金が発生しないようにしたりすることができます。 詳しくは、「コンピューターの種類へのアクセスを制限する」を参照してください。

最大アイドル タイムアウト制約を設定して、組織に対して課金できる codespace に対してユーザーが設定できる最大タイムアウトを制限できます。 これにより、短いタイムアウト期間の後でアクティブな codespace を停止することで、アイドル状態で実行されたままになっている codespace によって生成されるコンピューティング使用量の料金を削減できます。 詳しくは、「アイドル タイムアウトの期間を制限する」を参照してください。

また、停止された codespace が未使用の状態のままの期間を制限することもできます。これを過ぎると、自動的に削除されます。 これは、Codespaces のストレージ コストの低減につながります。 詳しくは、「codespace の保持期間を制限する」を参照してください。

リポジトリのプレビルドを設定したリポジトリ所有者は、選んだリージョンでのみ作成されるように構成することで、プレビルドのストレージ コストを削減できます。 詳しくは、「プレビルドの構成」を参照してください。

未使用の codespaces の削除

ユーザーは、 https://github.com/codespaces または Visual Studio Code 内から自分の codespace を削除できます。 Codespace のサイズを小さくするには、ユーザーはターミナルを使うか、VS Code 内から、ファイルを手動で削除できます。

組織の所有者は、組織内の任意の codespace を削除できます。 詳しくは、「codespace を削除する」を参照してください。

注: Codespace は、停止して、非アクティブな状態となって、ユーザー定義可能な日数を過ぎると、自動的に削除されます。 詳しくは、「codespace の自動削除を構成する」を参照してください。 組織の所有者は、組織が所有する codespace の最大保持期間を設定できます。 これにより、ユーザーの個人保持設定がオーバーライドされます。 詳しくは、「codespace の保持期間を制限する」を参照してください。

参考資料