GPG キーとメールの関連付け

GPG キーは、コミッタのアイデンティティとマッチする GitHub が検証済みのメールと関連づけられなければなりません。

コミッタのアイデンティティと GitHubアカウントに関連付けられた検証済みのメールアドレスに一致する GPG キーを使っている場合、コミットやタグへの署名を始めることができます。

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。

  2. 公開鍵と秘密鍵をどちらも持っているGPGキーの長い形式のリストを表示するには、 gpg --list-secret-keys --keyid-format=longコマンドを使ってください。 コミットやタグに署名するには秘密鍵が必要です。

    $ gpg --list-secret-keys --keyid-format=long

    ノート:LinuxのGPG環境の中には、既存のキーのリストを表示させるためにgpg2 --list-keys --keyid-format LONGとしなければならないものもあります。 この場合、git config --global gpg.program gpg2と実行してGitがgpg2を使うように設定する必要もあります。

  3. GPGキーのリストから、使いたいGPGキーIDの長い形式をコピーしてください。 この例では、GPG キー ID は 3AA5C34371567BD2 です。

    $ gpg --list-secret-keys --keyid-format=long
    /Users/hubot/.gnupg/secring.gpg
    ------------------------------------
    sec   4096R/3AA5C34371567BD2 2016-03-10 [expires: 2017-03-10]
    uid                          Hubot 
    ssb   4096R/42B317FD4BA89E7A 2016-03-10
  4. gpg --edit-key GPG key ID と入力してください。GPG key ID は使いたいキーの ID で置き換えてください。 以下の例では、GPG キー ID は 3AA5C34371567BD2 です。

    $ gpg --edit-key 3AA5C34371567BD2
  5. gpg> adduid と入力して、ユーザ ID の詳細を追加してください。

    $ gpg> adduid
  6. プロンプトに従って、本名、メールアドレス、あればコメントを入力してください。 エントリーは、NCE を選択して変更できます。 メールアドレスをプライベートにしておくには、 GitHubが提供するno-replyメールアドレスを使ってください。 詳しい情報については、「コミットメールアドレスを設定する」を参照してください。

    Real Name: Octocat
      Email address: octocat@github.com
      Comment: GitHub key
      Change (N)ame, (C)omment, (E)mail or (O)kay/(Q)uit?
  7. O を入力して選択した内容を確認してください。

  8. キーのパスフレーズを入力してください。

  9. gpg> save と入力して、変更した内容を保存します。

    $ gpg> save
  10. gpg --armor --export GPG key ID と入力してください。GPG key ID は使いたいキーの ID で置き換えてください。 以下の例では、GPG キー ID は 3AA5C34371567BD2 です。

    $ gpg --armor --export 3AA5C34371567BD2
    # ASCII armor 形式で GPG キーを出力する
  11. GPG キーを GitHub アカウントに追加することで、GPG キーをアップロードしてください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡