Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

リポジトリが削除されたり可視性が変更されたりするとフォークはどうなりますか?

リポジトリを削除したり、その可視性を変更したりすると、そのリポジトリのフォークに影響します。

Warning:

  • If you remove a person’s access to a private repository, any of their forks of that private repository are deleted. Local clones of the private repository are retained. If a team's access to a private repository is revoked or a team with access to a private repository is deleted, and team members do not have access to the repository through another team, private forks of the repository will be deleted.

  • You are responsible for ensuring that people who have lost access to a repository delete any confidential information or intellectual property.

  • People with admin permissions to a private or internal repository can disallow forking of that repository, and organization owners can disallow forking of any private or internal repository in an organization. For more information, see "Managing the forking policy for your organization" and "Managing the forking policy for your repository."

プライベートリポジトリを削除する

プライベートリポジトリを削除すると、そのプライベートフォークもすべて削除されます。

プライベートフォークと権限

プライベートフォークは、上流もしくは親リポジトリの権限構造を継承します。 これは、プライベートリポジトリのオーナーがコードに対するコントロールを管理するための役に立ちます。 たとえば、上流リポジトリがプライベートで読み取り/書き込みアクセスをあるTeamに与えているなら、そのチームはプライベートの上流リポジトリのすべてのフォークに読み取り/書き込みアクセスを持つことになります。 Only team permissions (not individual permissions) are inherited by private forks.

内部リポジトリの表示を変更する

Enterprise のポリシーでフォークが許可されている場合、内部リポジトリのフォークはすべてプライベートになります。 If you change the visibility of an internal repository, any fork owned by an organization or personal account will remain private.

内部リポジトリを削除する

内部リポジトリの表示を変更してからリポジトリを削除すると、フォークは別のネットワークに引き続き存在します。

参考リンク