Skip to main content

プルリクエストへコメントする

リポジトリのプルリクエストのオープン後、コラボレーターや Team メンバーは、特定の 2 つのブランチ間におけるファイルの比較について、またプロジェクト全体についてコメントできます。

プルリクエストのコメントについて

プルリクエストの [Conversation] タブに、一般的なコメント、質問、提案などを書き込むことができます。 プルリクエストの作者がコメントから直接適用できる変更を提案することもできます。

プルリクエストの会話

プルリクエストの [Files changed] タブにあるファイルの、特定のセクションに、行コメントまたは Pull Request レビューの一部としてコメントすることも可能です。 行コメントを追加することは、インプリメンテーションについての問題を話し合ったり、作者にフィードバックを行ったりする上でよい方法です。

Pull Request レビューへの行コメント追加に関する 詳しい情報については、「プルリクエストで提案された変更をレビューする」を参照してください。

注釈: プルリクエストにメールで返信した場合、そのコメントは [Conversation] タブに追加され、Pull Request レビューには含まれません。

既存の行コメントに返信するには、[Conversation] タブまたは [Files changed] タブに移動して、既存のコメントの下に行コメントを追加します。

参考:

  • プルリクエストのコメントては、@メンション、絵文字、参照など、GitHub Enterprise Cloudの通常のコメントにおいてサポートされているフォーマットがサポートされています。
  • You can add reactions to comments in pull requests in the Files changed tab.

プルリクエストに行コメントを追加する

  1. リポジトリ名の下で、クリックします Pull requests Issues and pull requests tab selection
  2. プルリクエストのリストで、行コメントをしたいプルリクエストをクリックします。
  3. プルリクエストで Files changed(変更されたファイル)をクリックしてください。 プルリクエストの変更されたファイルタブ
  4. Hover over the line of code where you'd like to add a comment, and click the blue comment icon. To add a comment on multiple lines, click and drag to select the range of lines, then click the blue comment icon. 青いコメントアイコン
  5. コメントフィールドにコメントを入力してください。 コメントフィールド
  6. Optionally, to suggest a specific change to the line or lines, click , then edit the text within the suggestion block. サジェッションブロック
  7. 完了したら、[Add single comment] をクリックします。 インラインコメントウインドウ

プルリクエストまたはリポジトリを Watch している全員が、コメントの通知を受信します。

会話を解決する

プルリクエストをオープンしたり、プルリクエストがオープンされたリポジトリへの書き込みアクセス権を持っていたりすれば、プルリクエスト中の会話を解決できます。

Files changed(変更されたファイル)タブ上の会話が完了したことを示すには、Resolve conversation(会話を解決)をクリックしてください。

会話の解決ボタンが付いたプルリクエストの会話

会話全体が畳まれ、解決のマークが付きます。これで、まだ対応が必要な会話を見つけやすくなります。

解決された会話

コメントの示唆がプルリクエストの範囲を超えているなら、そのコメントへのフィードバックやリンクを追跡する新しいIssueをオープンできます。 詳しい情報については「コメントからIssueを開く」を参照してください。

会話の発見とアクセス

Files Changed(変更されたファイル)タブの上部に表示されるConversations(会話)メニューを使い、Pull Request中のすべての会話を見つけてアクセスできます。

このビューから、未解決の会話、解決済みの会話、古くなった会話を見分けることができます。 これによって、会話を見つけて解決することが容易になります。

会話メニューの表示

参考リンク