Skip to main content
ドキュメントへの更新が頻繁に発行されており、このページの翻訳はまだ行われている場合があります。 最新の情報については、「英語のドキュメント」を参照してください。

プルリクエストへのコメント

リポジトリのプルリクエストのオープン後、コラボレーターや Team メンバーは、特定の 2 つのブランチ間におけるファイルの比較について、またプロジェクト全体についてコメントできます。

プルリクエストのコメントについて

pull request の [Conversation](会話) タブには、一般的なコメント、質問、提案などを書き込むことができます。 プルリクエストの作者がコメントから直接適用できる変更を提案することもできます。

プルリクエストの会話

または、pull request の [Files changed](変更したファイル) タブにあるファイルの特定のセクションについては、個々の行コメントの形式で、または pull request レビューの一部として、コメントすることもできます。 行コメントを追加することは、インプリメンテーションについての問題を話し合ったり、作者にフィードバックを行ったりする上でよい方法です。

pull request レビューへの行コメントの追加に関する詳細については、「プルリクエストで提案された変更をレビューする」を参照してください。

注: pull request に対してメールで返信する場合、コメントは、pull request レビューの一部としてではなく、 [Conversation](会話) タブに追加されます。

既存の行コメントに返信するには、 [Conversation](会話) タブまたは [Files changed](変更したファイル) タブのいずれかでコメントに移動して、その下に追加の行コメントを追加します。

ヒント:

  • pull request のコメントは、GitHub Enterprise Cloud のコメントと同じフォーマット (@mentions、絵文字、参照など) をサポートしています。
  • pull request 内のコメントに対する反応は、 [Files changed](変更したファイル) タブに追加できます。

プルリクエストに行コメントを追加する

  1. リポジトリ名の下にある [pull request] をクリックします。 [Issues and pull requests](issue と pull request) タブの選択

  2. プルリクエストのリストで、行コメントをしたいプルリクエストをクリックします。

  3. pull request で、 [変更されたファイル] をクリックします。 Pull Request の [Files changed](変更されたファイル) タブ 1. コメントを追加するコード行にカーソルを合わせ、青いコメント アイコンをクリックします。 複数行にコメントを追加するには、クリックしてドラッグして行の範囲を選択し、青いコメント アイコンをクリックします。

    pull request の差分のスクリーンショット。 行番号の横に、青いプラス アイコンがオレンジ色の枠線で強調表示されています。 1. コメントフィールドにコメントを入力してください。 コメント フィールド 1. 必要に応じて、1 つまたは複数の行に固有の変更を提案するには、 をクリックした後、提案ブロック内のテキストを編集します。 提案ブロック

  4. 完了したら、 [Add single comment](1 つのコメントの追加) をクリックします。

プルリクエストまたはリポジトリを Watch している全員が、コメントの通知を受信します。

会話を解決する

プルリクエストをオープンしたり、プルリクエストがオープンされたリポジトリへの書き込みアクセス権を持っていたりすれば、プルリクエスト中の会話を解決できます。

[変更されたファイル] タブの会話が完了したことを示すには、 [会話の解決] をクリックします。

会話の解決ボタンが付いたプルリクエストの会話

会話全体が畳まれ、解決のマークが付きます。これで、まだ対応が必要な会話を見つけやすくなります。

解決された会話

コメントの示唆がプルリクエストの範囲を超えているなら、そのコメントへのフィードバックやリンクを追跡する新しいIssueをオープンできます。 詳しくは、「Issue の作成」を参照してください。

会話の発見とアクセス

[変更されたファイル] タブの上部に表示される [会話] メニューを使用すると、pull request 内のすべての会話を検出して移動できます。

このビューから、未解決の会話、解決済みの会話、古くなった会話を見分けることができます。 これによって、会話を見つけて解決することが容易になります。

会話メニューの表示

参考資料