Skip to main content
ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

フォークを同期する

リポジトリのフォークを最新に保つために上流リポジトリと同期します。

People with write access for a forked repository can sync the fork to the upstream repository.

Syncing a fork branch from the web UI

  1. On GitHub Enterprise Cloud, navigate to the main page of the forked repository that you want to sync with the upstream repository.
  2. Select the Fetch upstream drop-down. "Fetch upstream" drop-down
  3. Review the details about the commits from the upstream repository, then click Fetch and merge. "Fetch and merge" button

If the changes from the upstream repository cause conflicts, GitHub will prompt you to create a pull request to resolve the conflicts.

Syncing a fork branch with the GitHub CLI

GitHub CLI は、コンピューターのコマンドラインから GitHub を使用するためのオープンソースツールです。 コマンドラインから作業しているときは、GitHub CLI を使用して時間を節約し、コンテキストの切り替えを回避できます。 GitHub CLIについて学ぶには、「GitHub CLIについて」を参照してください。

To update the remote fork from its parent, use the gh repo sync -b BRANCHNAME subcommand and supply your fork and branch name as arguments.

$ gh repo sync owner/cli-fork -b BRANCHNAME

If the changes from the upstream repository cause conflict then the GitHub CLI can't sync. You can set the -force flag to overwrite the destination branch.

Syncing a fork branch from the command line

上流リポジトリとフォークを同期する前に、Git で上流リポジトリをポイントするリモートの設定をする必要があります。

  1. ターミナルターミナルGit Bashを開いてください。

  2. ワーキングディレクトリをローカルプロジェクトに変更します。

  3. 上流リポジトリから、ブランチと各ブランチのコミットをフェッチします。 BRANCHNAME へのコミットは、ローカルブランチ upstream/BRANCHNAME に保存されます。

    $ git fetch upstream
    > remote: Counting objects: 75, done.
    > remote: Compressing objects: 100% (53/53), done.
    > remote: Total 62 (delta 27), reused 44 (delta 9)
    > Unpacking objects: 100% (62/62), done.
    > From https://github.com/ORIGINAL_OWNER/ORIGINAL_REPOSITORY
    >  * [new branch]      main     -> upstream/main
  4. フォークのローカルのデフォルトブランチを確認してください。この場合は、main を使用します。

    $ git checkout main
    > Switched to branch 'main'
  5. 上流のデフォルトブランチ (この場合は upstream/main) からの変更をローカルのデフォルトブランチにマージします。 これにより、ローカルの変更を失うことなく、フォークのデフォルトブランチが上流リポジトリと同期されます。

    $ git merge upstream/main
    > Updating a422352..5fdff0f
    > Fast-forward
    >  README                    |    9 -------
    >  README.md                 |    7 ++++++
    >  2 files changed, 7 insertions(+), 9 deletions(-)
    >  delete mode 100644 README
    >  create mode 100644 README.md

    If your local branch didn't have any unique commits, Git will perform a fast-forward. For more information, see Basic Branching and Merging in the Git documentation.

    $ git merge upstream/main
    > Updating 34e91da..16c56ad
    > Fast-forward
    >  README.md                 |    5 +++--
    >  1 file changed, 3 insertions(+), 2 deletions(-)

    If your local branch had unique commits, you may need to resolve conflicts. 詳細は「マージコンフリクトに対処する」を参照してください。

参考: フォークの同期は、リポジトリのローカルコピーだけをアップデートします。 GitHub.com 上のフォークをアップデートするには、変更をプッシュする必要があります。