Skip to main content

Pull Request を打ち消す

Pull Request は上流ブランチへのマージ後に元に戻すことができます。

プルリクエストの打ち消しについて

GitHub Enterprise Cloud で pull request を打ち消すと、マージされた元の pull request からマージ コミットを 1 回元に戻した、新しい pull request が作成されます。 pull request を元に戻すには、リポジトリの書き込みアクセス許可が必要です。

Pull Request を打ち消す

注釈: 次のいずれかに該当する場合、pull request の個々のコミットを元に戻す必要がある場合があります。

  • Pull Request を打ち消すとマージコンフリクトが起こる
  • 元のプルリクエストが GitHub Enterprise Cloud でマージされていなかった場合。 たとえば、コマンドラインで fast-forward マージを使用してプルリクエストをマージした可能性があります。

Git を使用して個々のコミットを手動で元に戻す方法については、Git ドキュメントの Git で元に戻す方法に関するページを参照してください。

  1. リポジトリ名の下にある [pull request] をクリックします。 [Issues and pull requests](issue と pull request) タブの選択
  2. [Pull Requests] のリストで、打ち消す Pull Request をクリックします。
  3. その pull request の下部周辺で、 [元に戻す] をクリックします。 [元に戻す] オプションが表示されていない場合、リポジトリの管理者に書き込みアクセス許可を求める必要があります。 [Revert pull request] リンク
  4. 結果の Pull Request をマージします。 詳細については、pull request のマージに関するページを参照してください。