Skip to main content

Organization の代理でコミットを作成する

コミットのメッセージにトレーラーを追加することで、Organization の代理でコミットを作成できます。 Organization に属するコミットには、GitHub Enterprise Cloud で on-behalf-of というバッジが付きます。

メモ: Organization の代理でコミットを作成する機能は、現在パブリックベータであり、変更されることがあります。

Organization の代理でコミットを作成するには、以下の条件を満たす必要があります:

  • トレーラーで示される Organization のメンバーであること
  • あなたがコミットに署名すること
  • コミットメールおよび Organization メールが、Organization で検証済みのドメインであること
  • コミットメッセージが、on-behalf-of: @org <name@organization.com> というコミットトレーラーで終わること
    • org は Organization のログイン名
    • name@organization.com は Organization のドメイン内

Organizations can use the name@organization.com email as a public point of contact for open source efforts.

コマンドラインで on-behalf-of バッジを付けてコミットを作成する

  1. コミットメッセージと、変更の短く分かりやすい説明を入力してください。 コミットの説明の後に、閉じる引用符の代わりに 2 つの空の行を追加してください。

    $ git commit -m "Refactor usability tests.
    >
    >

    参考: コミットメッセージの入力にコマンドライン上のテキストエディタを使っている場合、コミットの説明とコミットトレーラーのon-behalf-of:との間に新しい改行が 2 つあることを確認してください。

  2. コミットメッセージの次の行に、on-behalf-of: @org <name@organization.com> と入力して、引用符で閉じます。

    $ git commit -m "Refactor usability tests.
    >
    >
    on-behalf-of: @org <name@organization.com>"

次回のプッシュ時に、GitHub.com に新たなコミット、メッセージ、およびバッジが表示されます。 詳細は「リモートリポジトリに変更をプッシュする」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud で on-behalf-of バッジを付けてコミットを作成する

GitHub Enterprise Cloud のウェブエディタでファイルを変更してから、コミットのメッセージに on-behalf-of: トレーラーを追加することで、Organization の代理でコミットを作成できます。

  1. 変更を行った後は、ページの下部に、変更について説明する、短くて意味のあるコミットメッセージを入力します。 変更のコミットメッセージ

  2. コミットメッセージの下にあるテキストボックスに、on-behalf-of: @org <name@organization.com> を追加します。

    2 つ目のコミットメッセージテキストボックスにある、代理コミットメッセージのトレーラー例

  3. [Commit changes] または [Propose changes] をクリックします。

GitHub.com に新たなコミット、メッセージ、およびバッジが表示されます。

参考リンク