Skip to main content

GitHub の製品

GitHub の製品と価格プランの概要。

GitHub の製品について

GitHub では、コードを保存および共同作業するための無料および有料の製品が提供されます。 一部の製品は個人アカウントにのみ適用され、他のプランは組織アカウントと Enterprise アカウントにのみ適用されます。 アカウントの詳細については、「GitHub アカウントの種類」を参照してください。

各製品の料金と機能の全リストは https://github.com/pricing に掲載されています。 計画された機能と製品の詳細については、GitHub public roadmap を参照してください。

GitHub Docs を読み取る場合は、製品を反映するバージョンを選択してください。 詳細については、「GitHub Docs のバージョンについて」を参照してください。

個人アカウント用の GitHub Free

個人アカウント用の GitHub Free では、完全な機能セットを持つ無制限のパブリック リポジトリ上で無制限のコラボレータと、そして限定された機能セットを持つ無制限のプライベート リポジトリ上で作業ができます。

GitHub Free の個人アカウントには次が含まれます。

  • GitHub Community Support
  • Dependabot alerts
  • 2 要素認証の強制
  • 2,000 GitHub Actions 分
  • 500MBのGitHub Packagesストレージ

GitHub Pro

個人アカウント用の GitHub Free で利用できる機能に加え、GitHub Pro には以下が含まれます。

  • メールでのGitHub Support
  • 3,000 GitHub Actions 分
  • 2GBのGitHub Packagesストレージ
  • プライベートリポジトリでの高度なツールとインサイト:
    • 必須のプル リクエスト レビュー担当者
    • 複数のプル リクエスト レビュー担当者
    • 保護されたブランチ
    • コード オーナー
    • 参照の自動リンク
    • GitHub Pages
    • Wiki
    • リポジトリインサイトグラフ: パルス、コントリビュータ−、トラフィック、コミット、コード更新頻度、ネットワーク、フォーク

組織の GitHub Free

OrganizationのGitHub Freeでは、完全な機能セットを持つ無制限のパブリックリポジトリ上で無制限のコラボレータ、あるいは限定された機能セットを持つ無制限のプライベートリポジトリで作業ができます。

個人アカウント用の GitHub Free で利用できる機能に加えて、Organizationの GitHub Free には以下が含まれます。

  • GitHub Community Support
  • Team ディスカッション
  • グループを管理するための Team アクセス コントロール
  • 2,000 GitHub Actions 分
  • 500MBのGitHub Packagesストレージ

GitHub Team

OrganizationのGitHub Freeで利用できる機能に加えて、GitHub Teamには以下が含まれます。

  • メールでのGitHub Support
  • 3,000 GitHub Actions 分
  • 2GBのGitHub Packagesストレージ
  • プライベートリポジトリでの高度なツールとインサイト:
    • 必須のプル リクエスト レビュー担当者
    • 複数のプル リクエスト レビュー担当者
    • ドラフト プル リクエスト
    • Team のプル リクエスト レビュー担当者
    • 保護されたブランチ
    • コード オーナー
    • スケジュールされたリマインダー
    • GitHub Pages
    • Wiki
    • リポジトリ分析情報グラフ: パルス、共同作成者、トラフィック、コミット、コードの更新頻度、ネットワーク、フォーク

GitHub では、ユーザーごとに GitHub Team に対して課金されます。 詳細については、「ユーザーごとの価格について」」を参照してください。

GitHub Actions の使用は、パブリック リポジトリの標準の GitHub ホステッド ランナーとセルフホステッド ランナーの場合は無料です。 プライベート リポジトリでは、GitHub ホステッド ランナーでの使用を対象として、GitHub アカウントで使用されている製品に応じた無料の使用時間 (分) とストレージが各アカウントに付与されます。 含まれる量を超える使用は、使用制限によって制御されます。

GitHub Enterprise

GitHub Enterprise には、クラウドホストとセルフホストの 2 種類のデプロイメントオプションがあります。

GitHub Team で利用可能な機能に加えて、GitHub Enterprise には以下が含まれます。

  • GitHub Enterprise サポート
  • 追加のセキュリティ、コンプライアンス、およびデプロイメントコントロール
  • SAML シングル サインオンによる認証
  • SAML または SCIM を使用したアクセスのプロビジョニング
  • GitHub Connect
  • GitHub Advanced Security を購入するオプション。 詳細については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud には次も含まれます:

  • GitHub Enterprise サポート。 詳細については、「GitHub Enterprise Cloud サポート」および「GitHub Enterprise Cloud 補遺」を参照してください。
  • 50,000 GitHub Actions 分
  • 50GBのGitHub Packagesストレージ
  • GitHub Pages サイトのアクセス制御。 詳細については、「GitHub Pages サイトの可視性の変更」を参照してください。
  • 99.9% の月間稼働率のサービス レベル アグリーメント
  • Enterprise Managed Users 用にエンタープライズを構成するオプションを使用すると、ID プロバイダーでメンバーをプロビジョニングおよび管理し、メンバーの投稿を自分のエンタープライズのみに制限できます。 詳細については、「Enterprise Managed Users について」を参照してください。
  • エンタープライズアカウントで複数の GitHub.com Organization に対してポリシーと請求を一元管理するためのオプション。 詳細については、「Enterprise アカウントについて」を参照してください。

企業が GitHub の製品を使ってソフトウェア開発ライフサイクルをサポートする方法について、詳しくは、「エンタープライズ向け GitHub について」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud を評価するためのトライアルを設定できます。 詳細については、「GitHub Enterprise Cloud の試用版を設定する」を参照してください。

試用版の設定など、GitHub Enterprise Server の独自のインスタンスをホストする方法について詳しくは、「GitHub Enterprise Server について」をご覧ください。

参考資料