ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。
GitHub AEは、現在限定リリース中です。詳細については営業チームにお問い合わせください。

GitHub の製品

GitHub の商品と価格プランの概要。

About GitHub's products

GitHubでは無償版と有償版の製品をご用意しています。 各製品の料金と機能の全リストは https://github.com/pricing に掲載されています。 計画されている機能や製品に関する情報については、GitHubパブリックロードマップを参照してください。

ユーザアカウント用のGitHub Free

ユーザアカウント用のGitHub Freeでは、完全な機能セットを持つ無制限のパブリックリポジトリ上で無制限のコラボレータと、そして限定された機能セットを持つ無制限のプライベートリポジトリ上で作業ができます。

GitHub Freeでは、ユーザアカウントには以下が含まれます。

  • GitHub Community Support
  • Dependabotアラート
  • 2 要素認証の強制
  • 2,000 GitHub Actions 分
  • 500MBのGitHub Packagesストレージ

GitHub Pro

ユーザアカウント用のGitHub Freeで利用できる機能に加え、GitHub Proには以下が含まれます。

  • メールでのGitHub Support
  • 3,000 GitHub Actions 分
  • 2GBのGitHub Packagesストレージ
  • プライベートリポジトリでの高度なツールとインサイト:
    • 必須のプルリクエストレビュー担当者
    • 複数のプルリクエストレビュー担当者
    • 自動リンクのリファレンス
    • GitHub Pages
    • Wiki
    • 保護されたブランチ
    • コードオーナー
    • リポジトリインサイトグラフ: パルス、コントリビューター、トラフィック、コミット、コード頻度、ネットワーク、およびフォーク

Organization の GitHub Free

OrganizationのGitHub Freeでは、完全な機能セットを持つ無制限のパブリックリポジトリ上で無制限のコラボレータ、あるいは限定された機能セットを持つ無制限のプライベートリポジトリで作業ができます。

ユーザアカウント用のGitHub Freeで利用できる機能に加えて、OrganizationのGitHub Freeには以下が含まれます。

  • GitHub Community Support
  • Team ディスカッション
  • グループを管理するための Team アクセスコントロール
  • 2,000 GitHub Actions 分
  • 500MBのGitHub Packagesストレージ

GitHub Team

OrganizationのGitHub Freeで利用できる機能に加えて、GitHub Teamには以下が含まれます。

  • メールでのGitHub Support
  • 3,000 GitHub Actions 分
  • 2GBのGitHub Packagesストレージ
  • プライベートリポジトリでの高度なツールとインサイト:
    • 必須のプルリクエストレビュー担当者
    • 複数のプルリクエストレビュー担当者
    • GitHub Pages
    • Wiki
    • 保護されたブランチ
    • コードオーナー
    • リポジトリインサイトグラフ: パルス、コントリビューター、トラフィック、コミット、コード頻度、ネットワーク、およびフォーク
    • ドラフトプルリクエスト
    • Teamのプルリクエストレビュー担当者
    • スケジュールされたリマインダー

GitHub Actions パブリックリポジトリとセルフホストランナーでは、どちらも利用は無料です。 プライベートリポジトリでは、それぞれのGitHubアカウントは使用している製品に応じて一定量の無料の分とストレージを受け取ります。 含まれる金額を超える利用については、支出制限によって管理されます。

GitHub Enterprise

GitHub Enterprise には、クラウドホストとセルフホストの 2 種類のデプロイメントオプションがあります。

GitHub Team で利用可能な機能に加えて、GitHub Enterprise には以下が含まれます。

  • GitHub Enterprise Support
  • 追加のセキュリティ、コンプライアンス、およびデプロイメントコントロール
  • SAML シングルサインオンでの認証
  • SAML または SCIM でのアクセスのプロビジョニング
  • GitHub Connect
  • The option to purchase GitHub Advanced Security. 詳しい情報については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud には次も含まれます:

  • GitHub Enterprise Support。 詳細は「GitHub Enterprise Cloud サポート」および「GitHub Enterprise Cloud 補遺」を参照してください。
  • 50,000 GitHub Actions 分
  • 50GBのGitHub Packagesストレージ
  • GitHub Pages サイトのアクセス制御。 詳しい情報については、「GitHub Pages サイトの可視性を変更する」を参照してください。
  • 99.9% の月次稼働時間を保証するサービスレベルアグリーメント
  • The option to configure your enterprise for Enterprise Managed Users, so you can provision and manage members with your identity provider and restrict your member's contributions to just your enterprise. For more information, see "About Enterprise Managed Users."
  • エンタープライズアカウントで複数の GitHub.com Organization に対してポリシーと請求を一元管理するためのオプション。 詳細は「Enterprise アカウントについて」を参照してください。

GitHub Enterprise Cloud を評価するためのトライアルを設定できます。 詳しい情報については、「GitHub Enterprise Cloud のトライアルを設定する」を参照してください。

GitHub Enterprise Serverの独自インスタンスのホストに関する詳しい情報については、GitHubの営業チームに連絡してください。 GitHub Enterprise Server を評価するためのトライアルをリクエストできます。 詳しい情報については、「GitHub Enterprise Server のトライアルを設定する」を参照してください。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?