Skip to main content

GitHub のプランの変更に関する FAQ

2020 年 4 月 14 日時点で、GitHub は GitHub の主要機能がすべて無料で利用可能になったことを発表しました。

GitHub が 4 月 14 日に発表したプランと料金の変更

GitHub は、以下のプランと価格の変更を発表しました。

  • Organization 向けの GitHub Free が即座に利用可能で、無制限のユーザ向けのプライベートリポジトリが含まれています。
  • 以前 Team for Open Source を使用していたすべての Organization が GitHub Free を利用できるようになりました。
  • 個々の開発者向けの GitHub Free に無制限のコラボレータが含まれるようになりました。
  • GitHub Free を使用している Organization および個人は、GitHub コミュニティサポートを利用できます。
  • GitHub Pro には 2GB のパッケージストレージと 10GB のデータ転送が含まれています。
  • GitHub Pro の月額料金が 4 ドルに引き下げられました。
  • GitHub Teamの月額は減額されてユーザごとに4ドルになりました
  • GitHub Teamでは最小5シートが必須ではなくなりました
  • GitHub Teamには、プライベートリポジトリに対して月あたり3,000 Actions分が含まれます

プランのアップグレード方法

個人アカウントのプランをアップグレードするには、「個人アカウントのサブスクリプションをアップグレードする」を参照してください。 Organization のプランをアップグレードするには、「Organization のサブスクリプションをアップグレードする」を参照してください。

プランのダウングレード方法

個人アカウントのプランをダウングレードするには、「個人アカウントのサブスクリプションをダウングレードする」を参照してください。 Organization のプランをダウングレードするには、「Organization のサブスクリプションをダウングレードする」を参照してください。

GitHub Teamあるいは旧来のプランからGitHub Freeにダウングレードした場合、なくなるのはどの機能ですか?

  • プライベートリポジトリでの必須レビュー担当者
  • プライベートリポジトリの保護されたブランチ
  • プライベートリポジトリのコードオーナー
  • プライベートリポジトリのGitHub Pages
  • プライベートリポジトリのWiki
  • プライベートリポジトリでのIssue及びプルリクエストの複数人へのアサイン
  • プライベートリポジトリでのプルリクエストの複数のレビュー担当者
  • プライベートリポジトリのドラフトプルリクエスト
  • プライベートリポジトリでの自動リンクされたリファレンス
  • Standard サポート

GitHub Free または GitHub Team の Organization の作成方法

GitHub アカウントをお持ちの場合は、チーム プラン ページで新しい Organization を作成します。 GitHub アカウントをお持ちでない場合は、ホームページでアカウントを作成してください。そのサインアップ プロセスで Organization の作成が求められます。

各プランの機能を比較する方法

各製品の料金と機能の全リストは https://github.com/pricing に掲載されています。

GitHub Free で無制限のコラボレータが許可される期間

期限はありません。 この変更は恒久的なものです。

既に年間の Pro または Team プランへの支払いを済ませている場合の差額の払い戻し

現在年間で Pro および Team プランのお支払いが完了していて、4 月 14 日以前にサインアップを行っているお客様は、年間の支払期間の終了時までで日割り計算した金額が返金されます。 たとえば、サブスクリプションの年間支払い後 2 ヶ月以内の場合。 残り 10 ヶ月分の差額は返金されます。 これらの払い戻しは約 30 日で処理されます。 払い戻しが処理されると、支払い請求先メールアドレスに通知が送信されます。

個人の開発者向けの GitHub Free と Organization 向けの GitHub Free の違い

GitHub Free の各製品の詳しい違いについては、「GitHub の製品」を参照してください。

GitHub Team プランで割り当てられた数以上に必要な場合に、アクション数を増やす方法

ほとんどの小規模チームが使用するアクション数は 1 か月あたり 3,000 未満ですが、一部の Team はそれ以上必要な場合があります。 Team がプライベートリポジトリに追加を必要とする場合は、GitHub Actions の利用上限を増やすことができます。 Actionの分とPackagesのストレージは、パブリックリポジトリについては引き続き無料です。 詳しい情報については、「GitHub Actions の利用上限を管理する」を参照してください。

シート制限の変更の影響はどのようなものですか?

GitHub Teamの最小シートの要求がなくなったので、Organizationで5シート未満しか使っていないなら、有料シートを削除して支払いを引き下げられます。 詳しい情報については、「GitHub サブスクリプションのダウングレード」を参照してください。

GitHub Team for Open Source プランの Team の変更

現在、Organization アカウントで GitHub Team for Open Source プランを使用している場合は、GitHub Free に自動的に移行します。GitHub には、無制限のコラボレータが含まれるプライベートリポジトリ、プライベートリポジトリの 2,000 アクション分、GitHub コミュニティサポートが含まれています。 Actionの分とPackagesのストレージは、パブリックリポジトリについては引き続き無料です。

GitHub コミュニティサポートとは

GitHub Community Support には、GitHub Community ディスカッションによるサポートが含まれており、GitHub コミュニティからの解決方法を参照したり、新しい質問をしたり、アイデアを共有したりすることができます。 GitHub Community Support には、GitHub Team のサポート エンジニアが配置されています。サポートエンジニアは、最もアクティブなコミュニティ メンバーと共に GitHub Community を管理しています。 スパムの報告、不正利用の報告、アカウントへのアクセスに問題がある場合は、 https://support.github.com/ からサポート チームにメッセージを送信できます。

この変更による教育関係の特典への影響

学生や教員は、これまでと同様のすべての特典を受けることができます。 GitHub は GitHub Pro を、学生向け開発者パックの特典の一環として、引き続きすべての学生に提供し続けます。 また、教師は教師向けツールボックスの一環として、引き続き GitHub Team にアクセスし続けることができます。

現在請求書を利用して支払いを行っている場合の影響

現在請求書をご利用の場合は、詳細について営業担当者にメールでお問い合わせください。 営業担当者が不明な場合は、支払いマネージャーまたはアカウント所有者にお問い合わせください。

米国政府の制裁が適用される地域のユーザと Organization への影響

米国の貿易管理法の制限により、GitHub は米国の認可地域のアカウントにプライベートリポジトリサービスと有料サービスを提供できません。 ただし、GitHub は無料の公開リポジトリサービスへのアクセスを保持しています。 詳しい情報については、「GitHub と貿易統制」をお読みください。

GitHub は、無料のプライベートリポジトリを含め、認可された地域の開発者が無料のコードコラボレーションサービスに最大限にアクセスできるように、米国の規制当局に引き続き提唱していきます。 こうした無料サービスの提供は、対象市場における情報の自由な流通と言論の自由を奨励する米国の外交政策をサポートすると当社は考えています。