Skip to main content

GitHub 言語サポート

GitHub 機能によってサポートされるプログラミング言語の概要。

サポートされている言語について

ほとんどの GitHub 機能は、コードが記述されている言語に関係なく機能します。 GitHub で認識されている任意の言語に基づいて、コードを検索したり、構文の強調表示を有効にしたりできます。 詳細については、「GitHub Code Search の構文について」または「コードブロックの作成と強調表示」を参照してください。

一部の GitHub 製品には、現在、プログラミング言語のサブセットでのみサポートされている機能があります。

GitHub 機能でサポートされるコア言語

GitHub 機能のコア言語には、C、C++、C#、Go、Java、JavaScript、PHP、Python、Ruby、Rust、Scala、TypeScript などがあります。 パッケージ マネージャーをサポートする機能について、現在サポートされているパッケージ マネージャーを、関連する言語と共に表にまとめています。

一部の機能は、追加の言語またはパッケージ マネージャーでサポートされています。 ある機能について別の言語がサポートされているかどうかを知りたい場合、または言語のサポートをリクエストするには、GitHub コミュニティのディスカッション にアクセスしてください。

言語GitHub CopilotコードのナビゲーションCode scanning依存関係グラフ、Dependabot alertsDependabot version updates、Dependabot security updatesGitHub ActionsGitHub Packages
C
C++
C#
dotnet CLI

dotnet CLI

dotnet CLI
Go
Go モジュール

Go モジュール
Java
Maven、Gradle

Maven、Gradle

Maven、Gradle
JavaScript
npm, Yarn

npm

npm
PHP
Composer

Composer
Python
precise

pip

pip
Ruby
RubyGems

RubyGems

RubyGems
Rust
Scala
Maven

Maven、Gradle
Swift
Swift パッケージ マネージャー
TypeScript
npm、Yarn

npm

npm

注:

  • GitHub Copilot の言語サポートは、その言語のトレーニング データ量と多様性によって異なります。
  • 依存関係グラフ用と Dependabot alerts 用 Gradle のサポートは、取得したデータのアップロードを、依存関係送信 API で行うことに限られます。
  • code scanning 用 PHP と Scala は、サードパーティ製アクションでサポートされます。