GitHub アカウントの種類

ユーザアカウントは GitHub 上での身分証明となります。 ユーザアカウントはいくつでも Organization のメンバーになれます。 Organization は enterprise アカウントに所属できます。

各 GitHub 製品の機能の完全なリストについては、「GitHub の製品」を参照してください。

個人ユーザアカウント

GitHub を使用するすべての人は、次のような独自のユーザーアカウントを持っています。

  • GitHub Free での無制限のパブリックリポジトリおよびプライベートリポジトリ
  • GitHub Free での無制限のコラボレータ
  • GitHub Pro でのプライベートリポジトリの追加機能
  • リポジトリのコラボレーターを招待する機能

ヒント:

  • 個人での使用や仕事での使用など、1 つのアカウントを複数の目的で使用できます。 複数のアカウントを作成することはおすすめしません。 詳細は「複数のユーザアカウントをマージする」を参照してください。
  • ユーザアカウントは人間のためのものですが、必要に応じて継続的インテグレーションボットなどのロボットに付与することもできます。

Enterprise Managed Users

With Enterprise Managed Users, instead of using your personal account, members of an enterprise with managed users are provisioned accounts using the enterprise's identity provider (IdP). Managed users authenticate using their IdP instead of a GitHub.com username and password.

Managed users can only interact with users, repositories, and organizations that are part of their enterprise. Managed users have read-only access to the rest of GitHub.com. For more information, see "About Enterprise Managed Users."

Organization アカウント

Organization は、多くの人がいくつものプロジェクトにわたって同時にコラボレーションできる共有アカウントです。 オーナーと管理者は、Organizationのデータとプロジェクトへのメンバーのアクセスを、洗練されたセキュリティ及び管理機能で管理できます。

Organizationには以下が含まれます。

You can use organizations for free, with GitHub Free, which includes unlimited collaborators on unlimited public repositories with full features, and unlimited private repositories with limited features.

For additional features, including sophisticated user authentication and management, and improved support coverage, you can upgrade to GitHub Team or GitHub Enterprise Cloud. 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

If you use GitHub Enterprise Cloud, you have the option to purchase a license for GitHub Advanced Security and use the features on private repositories. 詳しい情報については、「GitHub Advanced Security について」を参照してください。

For more information about how you can try GitHub Enterprise Cloud for free, see "Setting up a trial of GitHub Enterprise Cloud."

Enterprise アカウント

Enterprise アカウントを使用すると、複数の GitHub.com Organization のポリシーと支払いを集中管理できます。 Enterpriseアカウントは、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Serverで利用できます。 詳しい情報については「Enterpriseアカウントについて」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?