Skip to main content

ファイルを無視する

GitHub にチェックインしたくないファイルを無視するように Git を設定することができます。

単一リポジトリについて無視するファイルを設定する

リポジトリのルート ディレクトリで .gitignore ファイルを作成すると、コミットの際にどのファイルとディレクトリを無視するか Git に指示できます。 リポジトリのクローンを作成する他のユーザーとこの無視ルールを共有するには、 .gitignore ファイルをリポジトリにコミットします。

GitHub では、一般的なオペレーティング システム、環境、言語で推奨される .gitignore ファイルの公式なリストが github/gitignore パブリック リポジトリに保持されます。 gitignore.io ファイルを使用して、お使いのオペレーティング システム、プログラミング言語、または IDE に応じた .gitignore ファイルを作成することもできます。 詳細については、「github/gitignore」および「gitignore.io」のサイトを参照してください。

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。

  2. Git リポジトリの場所まで移動します。

  3. リポジトリの .gitignore ファイルを作成します。

    $ touch .gitignore

    コマンドが成功した場合、出力はありません。

.gitignore ファイルの例については、Octocat リポジトリの「一般的な .gitignore 構成」を参照してください。

すでにチェックインしたファイルを無視したい場合は、追跡を解除してから、それを無視するルールを追加します。 ターミナルから、ファイルの追跡を解除してください。

$ git rm --cached FILENAME

コンピューター上のすべてのリポジトリについて無視するファイルを設定する

グローバルな .gitignore ファイルを作成して、お使いのコンピューター上の各 Git リポジトリでファイルを無視するルールを定義することもできます。 たとえば、 ~/.gitignore_global にファイルを作成し、そこにルールを追加することができます。

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。
  2. すべての Git リポジトリについて除外ファイル ~/.gitignore_global を使用するよう Git を設定します。
    $ git config --global core.excludesfile ~/.gitignore_global

.gitignore ファイルを作成せずにローカル ファイルを除外する

他のユーザと共有される .gitignore ファイルを作成したくない場合は、リポジトリにコミットされないルールを作成することもできます。 ローカルで生成され、他のユーザが生成することは想定されないファイル、たとえば自分のエディターで作成されるファイルなどを無視するときに使える方法です。

使い慣れたテキスト エディターを使って、Git リポジトリのルートにある .git/info/exclude というファイルを開きます。 ここで追加するルールはチェックインされないので、ローカル リポジトリにあるファイルだけが無視されます。

  1. [ターミナル][ターミナル][Git Bash] を開きます。
  2. Git リポジトリの場所まで移動します。
  3. 使い慣れたテキストエディターを使って、 .git/info/exclude ファイルを開きます。

もっと読む