Skip to main content

リモートリポジトリから変更を取得する

一般的な Git コマンドを使用して、リモートリポジトリにアクセスできます。

変更を取得するためのオプション

これらのコマンドはリモート リポジトリとやりとりするときに非常に便利です。 clonefetch はリポジトリのリモート URL からローカル コンピューターにリモート コードをダウンロードし、merge は異なる人の作業と自分のものを一緒にマージするために使い、pullfetchmerge を組み合わせたものです。

リポジトリをクローンする

他のユーザーのリポジトリの完全なコピーを取得するには、git clone を次のように使います。

$ git clone https://github.com/USERNAME/REPOSITORY.git
# Clones a repository to your computer

リポジトリをクローンするときに、複数の異なる URL から選びます。 GitHubにログインした状態である間は、これらの URL はリポジトリの詳細の下に表示されます:

リモート URL リスト

git clone を実行すると、次のアクションが発生します。

  • repo という新しいフォルダーが作成される
  • Git リポジトリとして初期化される
  • クローン元の URL を指す origin という名前のリモートが作成される
  • リポジトリのファイルとコミットすべてがそこにダウンロードされる
  • デフォルトブランチがチェックアウトされる

リモート リポジトリの各ブランチ foo について、対応するリモート追跡ブランチ refs/remotes/origin/foo がローカル リポジトリに作成されます。 このようなリモート追跡ブランチの名前は、通常 origin/foo と省略できます。

リモートリポジトリから変更をフェッチする

他のユーザーが行った新しい作業を取得するには、git fetch を使います。 リポジトリからフェッチすると、すべての新しいリモート追跡ブランチとタグが取得され、かつ、それらの変更は自分のブランチへマージ されません

目的のプロジェクト用にリモート URL が設定されたローカル リポジトリが既にある場合、ターミナルで git fetch *remotename* を使うことで、すべての新しい情報を取得できます。

$ git fetch remotename
# Fetches updates made to a remote repository

それ以外の場合は、常に新しいリモートを追加してからフェッチできます。 詳細については、「リモート リポジトリを管理する」を参照してください。

ローカルブランチに変更をマージする

マージとは、あなたのローカルでの変更を他のユーザによる変更と結合させる処理です。

通常、リモート追跡ブランチ (リモートリポジトリからフェッチされたブランチ) をローカルのブランチとマージします。

$ git merge remotename/branchname
# Merges updates made online with your local work

リモートリポジトリから変更をプルする

git pull は、git fetchgit merge の両方を同じコマンドで完了させる便利なショートカットです。

$ git pull remotename branchname
# Grabs online updates and merges them with your local work

pull は、取得された変更のマージを実行するため、pull コマンドの実行前にローカルの作業がコミットされていることを確認する必要があります。 マージ コンフリクトが発生しても解決できない場合、またはマージを中止する場合、git merge --abort を使ってブランチをプルする前の状態に戻すことができます。

参考資料