機能プレビューで早期アクセスリリースに触れる

機能プレビューを使用して、ベータ版で利用可能な製品または機能を確認し、ユーザアカウントの各機能を有効または無効にすることができます。

GitHub のリリースサイクル

GitHub の製品と機能は、複数のリリースフェーズを経る場合があります。

フェーズ説明
アルファ製品や機能の開発は規模が大きいため、多くの場合、要件とスコープが変化していきます。 この機能は、デモおよびテスト目的で使用できますが、ドキュメント化されていない場合があります。 アルファリリースは必ずしも機能が完成されたものではないため、サービスレベルアグリーメント (SLA など) も提供されておらず、テクニカルサポートの義務も負いません。
ベータこの製品や機能は、より広範囲に向けた配布の準備が整っています。 ベータリリースはパブリックまたはプライベートにすることができ、ドキュメント化されていますが、SLA やテクニカルサポートの義務を負いません。
一般利用可能 (GA)この製品または機能は完全にテストされており、すべてのユーザーに公開されています。 GA リリースは実稼働で使用する準備が整っており、関連する SLA やテクニカルサポートの義務が適用されます。

機能プレビューでベータリリースに触れる

ベータ版で利用可能な機能のリストと各機能の簡単な説明を確認することができます。 各機能には、フィードバックを提供するリンクが含まれています。

  1. 任意のページの右上隅で、プロフィール画像をクリックし、続いて [Feature preview(機能プレビュー)] をクリックします。 [Feature preview] ボタン
  2. 必要に応じて、機能の右側で、[Enable] または [Disable] をクリックします。 機能プレビューの [Enable] ボタン

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?