Skip to main content

自社でサーバー統計を有効にする

Server Statistics を有効にすることで、GitHub Enterprise Server からの独自の集計データを分析し、GitHub 製品の改善に役立てることができます。

Server Statisticsについて

Server Statistics は、your GitHub Enterprise Server instance から集計された使用状況データを収集します。これを使うと、組織のニーズをより適切に予測し、チームの作業を把握し、GitHub Enterprise Server から得られる価値を確認できます。

Server Statistics によって収集されるのは、リポジトリ、イシュー、pull request、およびその他の機能に関する特定の集計メトリックのみです。 GitHub のコンテンツは収集されません (コード、イシュー、コメント、pull request のコンテンツなど)。 詳しい情報については、「Server Statisticsについて」を参照してください。

Server Statisticsを有効にすると、GitHubの改善にも役立ちます。 お客様から提供された集計データは、お客様が GitHub をどのように使っているかを把握し、より適切な情報に基づいた製品の意思決定を行う助けとなり、最終的にはお客様の利益になります。

Server Statisticsの有効化

Server Statisticsを有効にする前に、まず GitHub Enterprise Server インスタンスを GitHub Connect を使って GitHub.com に接続する必要があります。 詳細については、「GitHub Enterprise Cloud への GitHub Enterprise Server の接続」を参照してください。

Server Statistics は GitHub Enterprise Server からいつでも無効にできます。

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロファイル写真をクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。 GitHub Enterprise Server のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise] 1. [Enterprise アカウント] サイドバーで、 [GitHub Connect] をクリックします。 [Enterprise アカウント] サイドバーの [Github Connect] タブ
  2. [GitHub.com でサーバー統計を共有する] でドロップダウン メニューを選び、 [有効] または [無効] をクリックします。 無効または有効のオプションがある Server Statistics ドロップダウン メニューのスクリーンショット