Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise サーバーはこの日付をもって終了となりました: 2023-09-25. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise サーバーにアップグレードしてください。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

自社で GitHub Advanced Security を管理する

Advanced Security を構成し、Organization のニーズに合わせて Enterprise による使用を管理できます。

GitHub Advanced Security は、GitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server のエンタープライズ アカウントで利用できます。詳細については、「GitHub のプラン」を参照してください。

GitHub Advanced Security for Azure DevOps の詳細については、Microsoft Learn の「GitHub Advanced Security for Azure DevOps を構成する」を参照してください。

自社で GitHub Advanced Security を有効にする

GitHub Enterprise Server を構成して、GitHub Advanced Security を含めることができます。 これにより、ユーザーがコード内のセキュリティ問題を検出して修正するのに役立つ追加機能が提供されます。

アプライアンスのコードスキャンを設定する

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンスの code scanning を有効化、構成、および無効化できます。 Code scanning を使用すると、コードの脆弱性やエラーをスキャンできます。

アプライアンスの依存関係レビューを構成する

pull request をレビューするときにユーザーが依存関係の変化を理解できるように、お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス の依存関係レビューを有効または無効にしたり、構成したりできます。

アプライアンスのシークレットスキャンを設定する

お使いの GitHub Enterprise Server インスタンス の secret scanning を有効化、構成、無効化できます。 Secret scanning を使用すると、ユーザはコードをスキャンして、誤ってコミットされたシークレットを探すことができます。