Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

About continuous deployment

You can create custom continuous deployment (CD) workflows directly in your GitHub repository with GitHub Actions.

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

About continuous deployment

Continuous deployment (CD) is the practice of using automation to publish and deploy software updates. As part of the typical CD process, the code is automatically built and tested before deployment.

Continuous deployment is often coupled with continuous integration. For more information about continuous integration, see "About continuous integration".

About continuous deployment using GitHub Actions

You can set up a GitHub Actions workflow to deploy your software product. To verify that your product works as expected, your workflow can build the code in your repository and run your tests before deploying.

You can configure your CD workflow to run when a GitHub Enterprise Server event occurs (for example, when new code is pushed to the default branch of your repository), on a set schedule, manually, or when an external event occurs using the repository dispatch webhook. For more information about when your workflow can run, see "Events that trigger workflows."

GitHub Actions provides features that give you more control over deployments. For example, you can use environments to require approval for a job to proceed, restrict which branches can trigger a workflow, or limit access to secrets. You can use concurrency to limit your CD pipeline to a maximum of one in-progress deployment and one pending deployment. For more information about these features, see "Deploying with GitHub Actions" and "Using environments for deployment."

Starter workflows and third party actions

GitHub Enterprise Server では、Azure Web App など、いくつかの一般的なサービスのデプロイ スターター ワークフローが提供されます。 スターター ワークフローの使用を開始する方法については、「Using starter workflows (スターター ワークフローの使用)」またはデプロイ スターター ワークフローの完全な一覧を参照してください。 また、「Deploying to Azure App Service (Azure App Service へのデプロイ)」など、特定のデプロイ ワークフローに関するより詳細なガイドを確認することもできます。

また、多くのサービス プロバイダーでは、サービスにデプロイするための GitHub Marketplace に対するアクションも提供しています。 完全な一覧については、「GitHub Marketplace」を参照してください。

Further reading