Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

ワークフロー実行の通知

トリガーするワークフロー実行に関する通知を受信登録できます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

GitHub Actionsに対するメールあるいはWeb通知を有効化すると、あなたが起動したワークフローの実行が完了すると通知されます。 この通知には、ワークフローの実行のステータス(成功、失敗、ニュートラル、キャンセルされた実行が含まれます)が含まれます。 ワークフローの実行が失敗したときにだけ通知を受けるようにすることもできます。 通知を有効または無効にする方法の詳細については、「通知について」を参照してください。

スケジュールされたワークフローに関する通知は、最初にワークフローを作成したユーザに送信されます。 ワークフロー ファイルの cron 構文を他のユーザーが更新した場合、それ以降の通知はそのユーザーに送られるようになります。スケジュールされたワークフローが無効化され、その後に有効化されると、通知は最後に cron 構文を変更したユーザーではなく、ワークフローを再有効化したユーザーに送られるようになります。

また、リポジトリの [アクション] タブでワークフロー実行の状態を確認することもできます。詳細については、「ワークフロー実行を管理する」を参照してください。