Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

PowerShell のビルドとテスト

PowerShell プロジェクトのビルドとテストのための継続的インテグレーション (CI) ワークフローを作成できます。

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

はじめに

このガイドでは、CIのためのPowerShellの使用方法を示します。 Pesterの使い方、依存関係のインストール、モジュールのテスト、PowerShell Galleryへの公開について説明します。

GitHubホストランナーは、PowerShell及びPesterを含むプリインストールされたソフトウェアを伴うツールキャッシュを持ちます。

最新のソフトウェアの完全な一覧および PowerShell と Pester のプレインストールされたバージョンについては、「GitHub ホステッド ランナーの仕様」を参照してください。

前提条件

YAMLとGitHub Actionsの構文に馴染んでいる必要があります。 詳細については、「GitHub Actions について学ぶ」を参照してください。

PowerShell及びPesterの基本的な理解をしておくことをおすすめします。 詳細については、次を参照してください。

GitHub Enterprise Server上でのセルフホストランナーの利用

GitHub Enterprise Server でセルフホスト ランナーと合わせてセットアップ アクション (actions/setup-LANGUAGE など) を使用するときに、インターネットにアクセスできないランナー上にツール キャッシュを設定する必要がある場合があります。 詳細については、「インターネットにアクセスできないセルフホスト ランナーにツール キャッシュを設定する」を参照してください。

Pesterのワークフローの追加

PowerShellとPesterでテストを自動化するには、変更がリポジトリにプッシュされるたびに実行されるワークフローを追加できます。 次の例では、resultsfile.log というファイルが存在することを調べるために、Test-Path が使われます。

次のワークフロー ファイルの例を、リポジトリの .github/workflows/ ディレクトリに追加する必要があります。

name: Test PowerShell on Ubuntu
on: push

jobs:
  pester-test:
    name: Pester test
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - name: Check out repository code
        uses: actions/checkout@v2
      - name: Perform a Pester test from the command-line
        shell: pwsh
        run: Test-Path resultsfile.log | Should -Be $true
      - name: Perform a Pester test from the Tests.ps1 file
        shell: pwsh
        run: |
          Invoke-Pester Unit.Tests.ps1 -Passthru
  • shell: pwsh - run コマンドを実行するときに PowerShell を使うようにジョブを構成します。

  • run: Test-Path resultsfile.log - リポジトリのルート ディレクトリに resultsfile.log というファイルが存在するかどうかをチェックします。

  • Should -Be $true - Pester を使って期待される結果を定義します。 結果が期待どおりではなかった場合、GitHub Actionsはこれを失敗したテストとしてフラグを立てます。 次に例を示します。

    失敗したPesterテスト

  • Invoke-Pester Unit.Tests.ps1 -Passthru - Pester を使って、Unit.Tests.ps1 というファイルで定義されているテストを実行します。 たとえば、上で説明したのと同じテストを実行するには、Unit.Tests.ps1 の内容を次のようにします。
    Describe "Check results file is present" {
        It "Check results file is present" {
            Test-Path resultsfile.log | Should -Be $true
        }
    }
    

PowerShellのモジュールの場所

以下の表は、それぞれのGitHubホストランナー内の様々なPowerShellモジュールの場所を示します。

UbuntumacOSWindows
PowerShell システム モジュール/opt/microsoft/powershell/7/Modules/*/usr/local/microsoft/powershell/7/Modules/*C:\program files\powershell\7\Modules\*
PowerShell アドオン モジュール/usr/local/share/powershell/Modules/*/usr/local/share/powershell/Modules/*C:\Modules\*
ユーザーがインストールしたモジュール/home/runner/.local/share/powershell/Modules/*/Users/runner/.local/share/powershell/Modules/*C:\Users\runneradmin\Documents\PowerShell\Modules\*

依存関係のインストール

GitHubホストランナーには、PowerShell 7とPesterがインストールされています。 コードのビルドとテストの前に、Install-Module を使って追加の依存関係を PowerShell ギャラリーからインストールできます。

注: GitHub ホステッド ランナーによって使用されるプレインストールされたパッケージ (Pester など) は定期的に更新され、重要な変更が行われることがあります。 そのため、Install-Module-MaximumVersion を使って必要なパッケージのバージョンを常に指定することをお勧めします。

たとえば、次のジョブでは、SqlServer モジュールと PSScriptAnalyzer モジュールがインストールされます。

jobs:
  install-dependencies:
    name: Install dependencies
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/checkout@v2
      - name: Install from PSGallery
        shell: pwsh
        run: |
          Set-PSRepository PSGallery -InstallationPolicy Trusted
          Install-Module SqlServer, PSScriptAnalyzer

注: 既定では、PowerShell によって信頼されるリポジトリはありません。 PowerShell ギャラリーからモジュールをインストールするときは、PSGallery のインストール ポリシーを Trusted に明示的に設定する必要があります。

コードのテスト

ローカルで使うのと同じコマンドを、コードのビルドとテストに使えます。

PSScriptAnalyzerを使ったコードの文法チェック

次の例では、PSScriptAnalyzer がインストールされ、それを使ってリポジトリ内のすべての ps1 ファイルがリントされます。 詳細については、GitHub の PSScriptAnalyzer を参照してください。

  lint-with-PSScriptAnalyzer:
    name: Install and run PSScriptAnalyzer
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/checkout@v2
      - name: Install PSScriptAnalyzer module
        shell: pwsh
        run: |
          Set-PSRepository PSGallery -InstallationPolicy Trusted
          Install-Module PSScriptAnalyzer -ErrorAction Stop
      - name: Lint with PSScriptAnalyzer
        shell: pwsh
        run: |
          Invoke-ScriptAnalyzer -Path *.ps1 -Recurse -Outvariable issues
          $errors   = $issues.Where({$_.Severity -eq 'Error'})
          $warnings = $issues.Where({$_.Severity -eq 'Warning'})
          if ($errors) {
              Write-Error "There were $($errors.Count) errors and $($warnings.Count) warnings total." -ErrorAction Stop
          } else {
              Write-Output "There were $($errors.Count) errors and $($warnings.Count) warnings total."
          }

成果物としてのワークフローのデータのパッケージ化

ワークフローの完了後に、成果物をアップロードして見ることができます。 たとえば、ログファイル、コアダンプ、テスト結果、スクリーンショットを保存する必要があるかもしれません。 詳細については、「アーティファクトを使用してワークフロー データを永続化する」を参照してください。

次の例では、upload-artifact アクションを使って、Invoke-Pester から受け取ったテスト結果をアーカイブする方法を示します。 詳細については、「upload-artifact アクション」を参照してください。

name: Upload artifact from Ubuntu

on: [push]

jobs:
  upload-pester-results:
    name: Run Pester and upload results
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/checkout@v2
      - name: Test with Pester
        shell: pwsh
        run: Invoke-Pester Unit.Tests.ps1 -Passthru | Export-CliXml -Path Unit.Tests.xml
      - name: Upload test results
        uses: actions/upload-artifact@v2
        with:
          name: ubuntu-Unit-Tests
          path: Unit.Tests.xml
    if: ${{ always() }}

always() 関数では、テストにエラーがあっても処理を続行するようにジョブが構成されます。 詳細については、always に関する説明を参照してください。

CIテストにパスしたら、PowerShellモジュールをPowerShell Galleryに公開するようにワークフローを設定できます。 パッケージを公開するのに必要なトークンや認証情報を保存するために、シークレットを使うことができます。 詳細については、暗号化されたシークレットの作成と使用に関するページを参照してください。

次の例では、パッケージが作成され、Publish-Module を使ってそれが PowerShell ギャラリーに公開されます。

name: Publish PowerShell Module

on:
  release:
    types: [created]

jobs:
  publish-to-gallery:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
      - uses: actions/checkout@v2
      - name: Build and publish
        env:
          NUGET_KEY: ${{ secrets.NUGET_KEY }}
        shell: pwsh
        run: |
          ./build.ps1 -Path /tmp/samplemodule
          Publish-Module -Path /tmp/samplemodule -NuGetApiKey $env:NUGET_KEY -Verbose