セルフホストランナーの削除

セルフホストランナーを、GitHub Actionsから恒久的に削除できます。

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

リポジトリからのランナーの削除

ノート: この手順は、セルフホストランナーを恒久的に削除します。 一時的にランナーへのジョブの割り当てを停止したいだけなら、そのマシンをシャットダウンするか、runアプリケーションを停止させることができます。 ランナーは"Offline(オフライン)"状態で割り当てされたままになり、runアプリケーションを使ってランナーを再起動するまでは、ジョブを実行しません。

セルフホストランナーは、GitHub Actionsに30日以上接続されないと、GitHub Enterprise Serverから自動的に削除されます。

ユーザリポジトリからセルフホストランナーを削除するには、リポジトリのオーナーでなければなりません。 Organizationのリポジトリの場合は、Organizationのオーナーであるか、そのリポジトリの管理アクセスを持っていなければなりません。 セルフホストランナーのマシンへもアクセスできるようにしておくことをおすすめします。

あるいは、GitHub Enterprise Server上のリポジトリ、Organization、Enterpriseへのランナーの削除のアクセス権がないものの、ランナーマシンを再利用したいのであれば、セルフホストランナーアプリケーションディレクトリ内の.runnerファイルを削除できます。 そうすれば、セルフホストランナーアプリケーションをダウンロードし直さなくても、ランナーを再登録できるようになります。

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。

  2. リポジトリ名の下で Settings(設定)をクリックしてください。 リポジトリの設定ボタン

  3. 左のサイドバーで、Actionsをクリックし、続いてRunners(ランナー)をクリックしてください。

  4. "Runners(ランナー)"の下で、リスト中のランナーを見つけてください。 ランナーがグループ内にあるなら、をクリックしてリストを展開してください。

  5. 削除したいランナーの隣のをクリックし、続いて Remove(削除)をクリックしてください。

    セルフホストランナーの設定の削除

  6. セルフホストランナーの削除手順が表示されます。 ランナーがアクセスできる状態にあるかによって、ランナーを削除するための以下のステップのいずれかを実行してください。

    • ランナーマシンにアクセスできる場合: マシンのオペレーティングシステムの画面上の指示に従って、削除コマンドを実行してください。 この指示には、必須のURLと自動的に生成された期間限定のトークンが含まれます。

      この削除コマンドは、以下のタスクを実行します。

      • GitHub Enterprise Serverからのランナーの削除。
      • マシン上のセルフホストランナーアプリケーションの設定ファイルの削除。
      • インタラクティブモードで動作していないのであれば設定されているサービスの削除。
    • マシンにアクセスできない場合: Yes, force remove this runner(はい、強制的にこのランナーを削除します)をクリックして、強制的にGitHub Enterprise Serverにランナーを削除させます。

Organizationからのランナーの削除

ノート: この手順は、セルフホストランナーを恒久的に削除します。 一時的にランナーへのジョブの割り当てを停止したいだけなら、そのマシンをシャットダウンするか、runアプリケーションを停止させることができます。 ランナーは"Offline(オフライン)"状態で割り当てされたままになり、runアプリケーションを使ってランナーを再起動するまでは、ジョブを実行しません。

セルフホストランナーは、GitHub Actionsに30日以上接続されないと、GitHub Enterprise Serverから自動的に削除されます。

Organizationからセルフホストランナーを削除するには、Organizationのオーナーでなければなりません。 セルフホストランナーのマシンへもアクセスできるようにしておくことをおすすめします。

あるいは、GitHub Enterprise Server上のリポジトリ、Organization、Enterpriseへのランナーの削除のアクセス権がないものの、ランナーマシンを再利用したいのであれば、セルフホストランナーアプリケーションディレクトリ内の.runnerファイルを削除できます。 そうすれば、セルフホストランナーアプリケーションをダウンロードし直さなくても、ランナーを再登録できるようになります。

  1. GitHub Enterprise Serverで、Organizationのメインページにアクセスしてください。

  2. Organization 名の下で、クリックします Settings.

    Organizationの設定ボタン

  3. サイドバーでActions(アクション)をクリックしてください。

  4. In the left sidebar, under "Actions", click Runners.

  5. In the list of runners, click the runner you'd like to configure.

  6. Click Remove.

  7. セルフホストランナーの削除手順が表示されます。 ランナーがアクセスできる状態にあるかによって、ランナーを削除するための以下のステップのいずれかを実行してください。

    • ランナーマシンにアクセスできる場合: マシンのオペレーティングシステムの画面上の指示に従って、削除コマンドを実行してください。 この指示には、必須のURLと自動的に生成された期間限定のトークンが含まれます。

      この削除コマンドは、以下のタスクを実行します。

      • GitHub Enterprise Serverからのランナーの削除。
      • マシン上のセルフホストランナーアプリケーションの設定ファイルの削除。
      • インタラクティブモードで動作していないのであれば設定されているサービスの削除。
    • If you don't have access to the machine: Click Force remove this runner to force GitHub Enterprise Server to remove the runner.

Enterprise からランナーを削除する

ノート: この手順は、セルフホストランナーを恒久的に削除します。 一時的にランナーへのジョブの割り当てを停止したいだけなら、そのマシンをシャットダウンするか、runアプリケーションを停止させることができます。 ランナーは"Offline(オフライン)"状態で割り当てされたままになり、runアプリケーションを使ってランナーを再起動するまでは、ジョブを実行しません。

セルフホストランナーは、GitHub Actionsに30日以上接続されないと、GitHub Enterprise Serverから自動的に削除されます。

あるいは、GitHub Enterprise Server上のリポジトリ、Organization、Enterpriseへのランナーの削除のアクセス権がないものの、ランナーマシンを再利用したいのであれば、セルフホストランナーアプリケーションディレクトリ内の`.runner`ファイルを削除できます。 そうすれば、セルフホストランナーアプリケーションをダウンロードし直さなくても、ランナーを再登録できるようになります。

セルフホストランナーを GitHub Enterprise Serverのインスタンス, you must be an enterprise owner. セルフホストランナーのマシンへもアクセスできるようにしておくことをおすすめします。

  1. GitHub Enterprise Serverの右上で、プロフィール写真をクリックし、続いてEnterprise settings(Enterpriseの設定)をクリックしてください。 GitHub Enterprise Serverのプロフィール写真のドロップダウンメニュー内の"Enterprise settings"

  2. Enterpriseアカウントのサイドバーで、 Policies(ポリシー)をクリックしてください。 Enterpriseアカウントサイドバー内のポリシータブ

  3. " Policies(ポリシー)"の下で、Actionsをクリックしてください。

  4. Runners(ランナー)タブをクリックしてください。

  5. "Runners(ランナー)"の下で、リスト中のランナーを見つけてください。 ランナーがグループ内にあるなら、をクリックしてリストを展開してください。

  6. 削除したいランナーの隣のをクリックし、続いて Remove(削除)をクリックしてください。

    セルフホストランナーの設定の削除

  7. セルフホストランナーの削除手順が表示されます。 ランナーがアクセスできる状態にあるかによって、ランナーを削除するための以下のステップのいずれかを実行してください。

    • ランナーマシンにアクセスできる場合: マシンのオペレーティングシステムの画面上の指示に従って、削除コマンドを実行してください。 この指示には、必須のURLと自動的に生成された期間限定のトークンが含まれます。

      この削除コマンドは、以下のタスクを実行します。

      • GitHub Enterprise Serverからのランナーの削除。
      • マシン上のセルフホストランナーアプリケーションの設定ファイルの削除。
      • インタラクティブモードで動作していないのであれば設定されているサービスの削除。
    • マシンにアクセスできない場合: Yes, force remove this runner(はい、強制的にこのランナーを削除します)をクリックして、強制的にGitHub Enterprise Serverにランナーを削除させます。

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?