Skip to main content

このバージョンの GitHub Enterprise はこの日付をもって終了となります: 2022-10-12. 重大なセキュリティの問題に対してであっても、パッチリリースは作成されません。 パフォーマンスの向上、セキュリティの向上、新機能の向上を図るために、最新バージョンの GitHub Enterprise にアップグレードします。 アップグレードに関するヘルプについては、GitHub Enterprise サポートにお問い合わせください

Removing self-hosted runners

You can permanently remove a self-hosted runner from a repository, an organization, or an enterprise.

注: GitHub ホステッド ランナーは、現在 GitHub Enterprise Server でサポートされていません。 GitHub public roadmap で、今後の計画的なサポートの詳細を確認できます。

Removing a runner from a repository

Note: この手順は、セルフホストランナーを恒久的に削除します。 一時的にランナーへのジョブの割り当てを停止するだけなら、そのマシンをシャットダウンするか、run アプリケーションを停止することができます。 ランナーは "Offline (オフライン)" 状態で割り当て済みのままになり、run アプリケーションを使ってランナーを再起動するまではジョブが実行されません。

セルフホストランナーは、GitHub Actions に 30 日以上接続されないと、GitHub Enterprise Server から自動的に削除されます。

To remove a self-hosted runner from a user repository you must be the repository owner. For an organization repository, you must be an organization owner or have admin access to the repository. We recommend that you also have access to the self-hosted runner machine. For information about how to remove a self-hosted runner with the REST API, see "Self-hosted runners."

あるいは、GitHub Enterprise Server 上のリポジトリ 、組織、またはエンタープライズ へのランナーの削除のアクセス権がないものの、ランナー マシンを再利用したいのであれば、セルフホスト ランナー アプリケーション ディレクトリ内の .runner ファイルを削除できます。 そうすれば、セルフホストランナーアプリケーションをダウンロードし直さなくても、ランナーを再登録できるようになります。

  1. your GitHub Enterprise Server instance で、リポジトリのメイン ページへ移動します。

  2. リポジトリ名の下の [ 設定] をクリックします。 リポジトリの設定ボタン

  3. In the left sidebar, click Actions.

  4. In the left sidebar, under "Actions", click Runners.

  5. [ランナー] のリストでランナーを見つけます。 ランナーがグループ内にあるなら、をクリックしてリストを展開してください。

  6. 削除したいランナーの隣の をクリックした後、 [削除] をクリックしてください。

    セルフホストランナーの設定の削除

  7. セルフホストランナーの削除手順が表示されます。 ランナーがアクセスできる状態にあるかによって、ランナーを削除するための以下のステップのいずれかを実行してください。

    • ランナー マシンにアクセスできる場合: マシンのオペレーティング システムの画面上の指示に従い、削除コマンドを実行してください。 この指示には、必須のURLと自動的に生成された期間限定のトークンが含まれます。

      この削除コマンドは、以下のタスクを実行します。

      • GitHub Enterprise Serverからのランナーの削除。
      • マシン上のセルフホストランナーアプリケーションの設定ファイルの削除。
      • インタラクティブモードで動作していないのであれば設定されているサービスの削除。
    • マシンにアクセスできない場合: [はい、このランナーを強制的に削除する] をクリックして、GitHub Enterprise Server がこのランナーを強制的に削除するようにします。

Removing a runner from an organization

Note: この手順は、セルフホストランナーを恒久的に削除します。 一時的にランナーへのジョブの割り当てを停止するだけなら、そのマシンをシャットダウンするか、run アプリケーションを停止することができます。 ランナーは "Offline (オフライン)" 状態で割り当て済みのままになり、run アプリケーションを使ってランナーを再起動するまではジョブが実行されません。

セルフホストランナーは、GitHub Actions に 30 日以上接続されないと、GitHub Enterprise Server から自動的に削除されます。

To remove a self-hosted runner from an organization, you must be an organization owner. We recommend that you also have access to the self-hosted runner machine. For information about how to remove a self-hosted runner with the REST API, see "Self-hosted runners."

あるいは、GitHub Enterprise Server 上のリポジトリ 、組織、またはエンタープライズ へのランナーの削除のアクセス権がないものの、ランナー マシンを再利用したいのであれば、セルフホスト ランナー アプリケーション ディレクトリ内の .runner ファイルを削除できます。 そうすれば、セルフホストランナーアプリケーションをダウンロードし直さなくても、ランナーを再登録できるようになります。

  1. your GitHub Enterprise Server instance で、Organization のメイン ページへ移動します。

  2. Organization 名の下で、 [設定] をクリックします。 Organization の設定ボタン

  3. In the left sidebar, click Actions.

  4. In the left sidebar, under "Actions", click Runners.

  5. [ランナー] のリストでランナーを見つけます。 ランナーがグループ内にあるなら、をクリックしてリストを展開してください。

  6. 削除したいランナーの隣の をクリックした後、 [削除] をクリックしてください。

    セルフホストランナーの設定の削除

  7. セルフホストランナーの削除手順が表示されます。 ランナーがアクセスできる状態にあるかによって、ランナーを削除するための以下のステップのいずれかを実行してください。

    • ランナー マシンにアクセスできる場合: マシンのオペレーティング システムの画面上の指示に従い、削除コマンドを実行してください。 この指示には、必須のURLと自動的に生成された期間限定のトークンが含まれます。

      この削除コマンドは、以下のタスクを実行します。

      • GitHub Enterprise Serverからのランナーの削除。
      • マシン上のセルフホストランナーアプリケーションの設定ファイルの削除。
      • インタラクティブモードで動作していないのであれば設定されているサービスの削除。
    • マシンにアクセスできない場合: [はい、このランナーを強制的に削除する] をクリックして、GitHub Enterprise Server がこのランナーを強制的に削除するようにします。

Removing a runner from an enterprise

Note: この手順は、セルフホストランナーを恒久的に削除します。 一時的にランナーへのジョブの割り当てを停止するだけなら、そのマシンをシャットダウンするか、run アプリケーションを停止することができます。 ランナーは "Offline (オフライン)" 状態で割り当て済みのままになり、run アプリケーションを使ってランナーを再起動するまではジョブが実行されません。

セルフホストランナーは、GitHub Actions に 30 日以上接続されないと、GitHub Enterprise Server から自動的に削除されます。

To remove a self-hosted runner from an enterprise, you must be an enterprise owner. We recommend that you also have access to the self-hosted runner machine. For information about how to remove a self-hosted runner with the REST API, see the enterprise endpoints in the GitHub Actions REST API.

あるいは、GitHub Enterprise Server 上のリポジトリ 、組織、またはエンタープライズ へのランナーの削除のアクセス権がないものの、ランナー マシンを再利用したいのであれば、セルフホスト ランナー アプリケーション ディレクトリ内の .runner ファイルを削除できます。 そうすれば、セルフホストランナーアプリケーションをダウンロードし直さなくても、ランナーを再登録できるようになります。

  1. GitHub Enterprise Server の右上で、ご自分のプロファイル写真をクリックしてから、 [Enterprise 設定] をクリックします。 GitHub Enterprise Server のプロファイル写真のドロップダウン メニューの [自分の Enterprise]

  2. Enterprise サイドバーで、 [ポリシー] をクリックします。 [Enterprise アカウント] サイドバーの [ポリシー] タブ

  3. [ ポリシー] で、 [アクション] をクリックします。

  4. [Runners](ランナー) タブをクリックします。

  5. [ランナー] のリストでランナーを見つけます。 ランナーがグループ内にあるなら、をクリックしてリストを展開してください。

  6. 削除したいランナーの隣の をクリックした後、 [削除] をクリックしてください。

    セルフホストランナーの設定の削除

  7. セルフホストランナーの削除手順が表示されます。 ランナーがアクセスできる状態にあるかによって、ランナーを削除するための以下のステップのいずれかを実行してください。

    • ランナー マシンにアクセスできる場合: マシンのオペレーティング システムの画面上の指示に従い、削除コマンドを実行してください。 この指示には、必須のURLと自動的に生成された期間限定のトークンが含まれます。

      この削除コマンドは、以下のタスクを実行します。

      • GitHub Enterprise Serverからのランナーの削除。
      • マシン上のセルフホストランナーアプリケーションの設定ファイルの削除。
      • インタラクティブモードで動作していないのであれば設定されているサービスの削除。
    • マシンにアクセスできない場合: [はい、このランナーを強制的に削除する] をクリックして、GitHub Enterprise Server がこのランナーを強制的に削除するようにします。