ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

リポジトリの可視性について

リポジトリの可視性を選択することで、リポジトリにアクセスできるユーザを制限できます(パブリック、内部、プライベート。

リポジトリの可視性について

リポジトリを作成するときに、リポジトリをパブリックにするかプライベートにするかを選択できます。 Enterprise アカウントが所有する Organization 、リポジトリを内部にすることもできます。

If GitHub Enterprise Serverのインスタンス is not in private mode or behind a firewall, public repositories are accessible to everyone on the internet. そうではない場合、外部のコラボレータを含め、GitHub Enterprise Serverのインスタンス を使用するすべてのユーザがパブリックリポジトリを利用できます。 プライベートリポジトリには、自分、明示的にアクセスを共有するユーザ、および Organization リポジトリの場合は特定の Organization メンバーのみがアクセスできます。 Enterprise メンバーは内部リポジトリにアクセスできます。 詳しい情報については、「内部リポジトリについて」を参照してください。

Organization のオーナーは、Organization 内で作成されたすべてのリポジトリにいつでもアクセスできます。 詳細は「Organization のためのリポジトリ権限レベル」を参照してください。

リポジトリの管理者権限を持つユーザは、既存のリポジトリの可視性を変更できます。 詳細は「リポジトリの可視性を設定する」を参照してください。

インターナルリポジトリについて

注釈: インターナルリポジトリはGitHub Enterprise Cloud、GitHub Enterprise Server 2.20+で利用できます。 詳しい情報については「GitHubの製品」を参照してください。

インターナルリポジトリを使って、Enterprise内で「インナーソース」を実践できます。 Enterpriseアカウントのメンバーは、プライベートモードを無効化されていても、プロプライエタリな情報をパブリックに共有することなく、オープンソースの方法論を用いてコラボレートできます。インナーソースに関する詳しい情報については、GitHubのホワイトペーパー「インナーソース入門」を参照してください。

すべての Enterprise メンバーは内部リポジトリへの読み取り権限を持っていますが、内部リポジトリは、Organization リポジトリの外部のコラボレータを含む、Organization メンバーではない Enterprise 外

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡