Using workflow templates

GitHub Enterprise Server provides workflow templates for a variety of languages and tooling.

ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

ワークフローテンプレートについて

GitHub Enterprise Server offers workflow templates for a variety of languages and tooling. When you set up workflows in your repository, GitHub Enterprise Server analyzes the code in your repository and recommends workflows based on the language and framework in your repository. たとえば、Node.js を使用する場合、GitHub Enterprise Server は、Node.js パッケージをインストールしてテストを実行するテンプレートファイルを提案します。

You can also create your own workflow templates to share with your organization. For more information, see "Creating workflow templates."

Using workflow templates

Anyone with write permission to a repository can set up GitHub Actions workflows for CI/CD or other automation.

  1. GitHub Enterprise Serverで、リポジトリのメインページにアクセスしてください。
  2. リポジトリ名の下でActions(アクション)をクリックしてください。 メインのリポジトリナビゲーション内のアクションタブ
  3. If you already have a workflow in your repository, click New workflow.
  4. Find the template that you want to use, then click Set up this workflow.
  5. If the workflow template contains comments detailing additional setup steps, follow these steps.
  6. Some workflow templates use secrets. For example, ${{ secrets.npm_token }}. If the workflow template uses a secret, store the value described in the secret name as a secret in your repository. For more information, see "Encrypted secrets."
  7. Optionally, make additional changes. For example, you might want to change the value of on to change when the workflow runs.
  8. [Start commit] をクリックします。
  9. Write a commit message and decide whether to commit directly to the default branch or to open a pull request.

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?

プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?