Skip to main content

スターター ワークフローの使用

GitHub Enterprise Cloud には、さまざまな言語とツールのスターター ワークフローが用意されています。

スターター ワークフローについて

GitHub Enterprise Cloud には、さまざまな言語とツールのスターター ワークフローが用意されています。 リポジトリにワークフローを設定するときは、GitHub Enterprise Cloud によって、リポジトリ内のコードが分析され、リポジトリの言語とフレームワークに基づくワークフローが推奨されます。 たとえば、Node.js を使う場合、Node.js パッケージをインストールしてテストを実行するスターター ワークフロー ファイルが GitHub Enterprise Cloud によって提案されます。関連するスターター ワークフローを検索したり、フィルター処理を行ったりして、見つけることができます。

GitHub には、次の高レベルのカテゴリにすぐに使用できるスターター ワークフローが用意されています。

  • デプロイ (CD) 。 詳細については、「継続的デプロイについて」を参照してください。 - セキュリティ。 詳細については、スターター ワークフローを使用した code scanning の設定に関するページを参照してください。
  • 継続的インテグレーション (CI) 。 詳細については、「継続的インテグレーションについて」を参照してください。
  • オートメーション。 Automation スターター ワークフローには、pull request のトリアージや、pull request で変更されたパスに基づくラベルの適用、リポジトリに初めて投稿する人へのあいさつなど、ワークフローを自動化するためのソリューションが用意されています。

また、独自のスターター ワークフローを作成して、Organization で共有することもできます。 これらのスターター ワークフローは、GitHub Enterprise Cloud に用意されているスターター ワークフローと共に表示されます。 詳細については、「Organization のスターター ワークフローの作成」を参照してください。

スターター ワークフローの使用

リポジトリへの書き込みアクセス許可を持つすべてのユーザーは、CI/CD または他の自動化を対象とした GitHub Actions スターター ワークフローを設定することができます。

  1. GitHub.com で、リポジトリのメイン ページへ移動します。 1. リポジトリ名の下の [Actions] (アクション) をクリックします。 メインのリポジトリ ナビゲーション内の [Actions](アクション) タブ

  2. ワークフローが既にリポジトリ内にある場合は、 [新しいワークフロー] をクリックします。

  3. 「ワークフローの選択」ページには、推奨されるスターター ワークフローの選択内容が表示されます。 使いたいスターター ワークフローを見つけたら、 [構成] をクリックします。キーワードで検索したり、カテゴリでフィルター処理したりすると、必要なワークフローを見つけやすくなります。

    このワークフローを構成します

  4. その他の設定手順についての詳しいコメントがスターター ワークフローに含まれている場合は、次の手順に従います。 多くのスターター ワークフローには、対応するガイドがあります。 詳しい情報については、「GitHub Actions ガイド」を参照してください。

  5. 一部のスターター ワークフローでは、シークレットを使います。 これには、${{ secrets.npm_token }} などがあります。 スターター ワークフローでシークレットを使う場合は、シークレット名に記述されている値をシークレットとしてリポジトリに格納します。 詳細については、「暗号化されたシークレット」を参照してください。

  6. 必要に応じて、さらに変更します。 たとえば、ワークフローの実行時に変更する on の値を変更できます。

  7. [コミットの開始] をクリックします。

  8. コミット メッセージを書き込み、既定のブランチに直接コミットするか、pull request を開くかを決定します。

参考資料