ja ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Getting started with GitHub Actions for GitHub Enterprise Server

Learn about enabling and configuring GitHub Actions on GitHub Enterprise Server for the first time.

サイト管理者は、GitHub Actions を有効化して、Enterprise 設定を構成できます。

ここには以下の内容があります:

注釈: GitHub Enterprise Server 2.22 での GitHub Actions サポートは、限定パブリックベータです。 Review the external storage requirements below and sign up for the beta.

Note: GitHub-hosted runners are not currently supported on GitHub Enterprise Server. You can see more information about planned future support on the GitHub public roadmap.

External storage requirements

GitHub Enterprise Server で GitHub Actions を有効にするには、外部 Blob ストレージにアクセスできる必要があります。

GitHub Actions は、blob ストレージを使用して、ワークフローログやユーザがアップロードしたビルドアーティファクトなど、ワークフロー実行によって生成されたアーティファクトを保存します。 必要なストレージ容量は、GitHub Actions の使用状況によって異なります。 Only a single external storage configuration is supported, and you can't use multiple storage providers at the same time.

GitHub Actions は、次のストレージプロバイダをサポートしています。

  • Azure Blob storage
  • Amazon S3
  • S3-compatible MinIO Gateway for NAS

Note: These are the only storage providers that GitHub supports and can provide assistance with. Other S3 API-compatible storage providers are unlikely to work due to differences from the S3 API. Contact us to request support for additional storage providers.

Amazon S3 permissions

GitHub Actions requires the following permissions for the access key that will access the bucket:

  • s3:PutObject
  • s3:GetObject
  • s3:ListBucketMultipartUploads
  • s3:ListMultipartUploadParts
  • s3:AbortMultipartUpload
  • s3:DeleteObject
  • s3:ListBucket

GitHub Actions の有効化

GitHub Enterprise Server 2.22 での GitHub Actions サポートは、限定パブリックベータです。 Sign up for the beta.

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.