ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

OpenStack KVM で GitHub Enterprise Server をインストールする

GitHub Enterprise Server を OpenStack KVM 上にインストールするには、OpenStack にアクセスでき、GitHub Enterprise Server QCOW2 イメージをダウンロードすることが必要です。

ここには以下の内容があります:

必要な環境

  • GitHub Enterpriseのライセンスファイルを持っていなければなりません。 既存のライセンスファイルをダウンロードするか、トライアルライセンスをリクエストするには、enterprise.github.comにアクセスしてください。 詳しい情報については「GitHub Enterpriseライセンスの管理」を参照してください。
  • OpenStackのサービス群へのWebベースのユーザインターフェースであるOpenStack Horizonの環境へのアクセスが必要です。 詳しい情報についてはHorizonのドキュメンテーションを参照してください。

ハードウェアについて

Minimum requirements

We recommend different hardware configurations depending on the number of user licenses for your GitHub Enterprise Server instance. If you provision more resources than the minimum requirements, your instance will perform and scale better.

Note: If you enable beta features for GitHub Enterprise Server 2.22, your instance requires additional hardware resources. Minimum requirements for an instance with beta features enabled are bold in the following table. For more information about the features in beta, see "Beta features in GitHub Enterprise Server 2.22."

|
ユーザライセンスvCPUsメモリアタッチされたストレージルートストレージ
トライアル、デモ、あるいは10人の軽量ユーザ2
or 4
16 GB
or 32 GB
100 GB
or 150 GB
200 GB
10-30004
or 8
32 GB
or 48 GB
250 GB
or 300 GB
200 GB
3000-50008
or 12
64 GB500 GB200 GB
5000-800012
or 16
96 GB750 GB200 GB
8000-10000+16
or 20
128 GB
or 160 GB
1000 GB200 GB

For more information about adjusting resources for an existing instance, see "Increasing storage capacity" and "Increasing CPU or memory resources."

Beta features in GitHub Enterprise Server 2.22

You can sign up for beta features available in GitHub Enterprise Server 2.22 such as GitHub Actions, GitHub Packages, and code scanning. For more information, see the release notes for the 2.22 series on the GitHub Enterprise website.

If you enable beta features for GitHub Enterprise Server 2.22, your instance requires additional hardware resources. For more information, see "Minimum requirements".

If you enable the beta for GitHub Actions, review the following requirements and recommendations.

  • You must configure at least one runner for GitHub Actions workflows. 詳しい情報については「セルフホストランナーについて」を参照してください。

  • You must configure external blob storage. 詳しい情報については、「GitHub Actions の有効化とストレージの設定」をご覧ください。

  • You may need to configure additional CPU and memory resources. The additional resources you need to provision for GitHub Actions depend on the number of workflows your users run concurrently, and the overall levels of activity for users, automations, and integrations.

    Maximum jobs per minuteAdditional vCPUsAdditional memory
    Light testing430.5 GB
    25861 GB
    3516122 GB
    10032244 GB

ストレージ

We recommend a high-performance SSD with high input/output operations per second (IOPS) and low latency for GitHub Enterprise Server. Workloads are I/O intensive. If you use a bare metal hypervisor, we recommend directly attaching the disk or using a disk from a storage area network (SAN).

Your instance requires a persistent data disk separate from the root disk. 詳しい情報については「システムの概要」を参照してください。

If you enable the beta of GitHub Actions in GitHub Enterprise Server 2.22, you'll need to configure external blob storage. 詳しい情報については、「GitHub Actions の有効化とストレージの設定」をご覧ください。

You can resize your instance's root disk by building a new instance or using an existing instance. 詳しい情報については「ストレージ容量の増加」を参照してください。

CPU and memory

GitHub Enterprise Server requires more CPU and memory resources depending on levels of activity for users, automations, and integrations.

When you increase CPU resources, we recommend adding at least 6.5 GB of memory for each vCPU (up to 16 vCPUs) that you provision for the instance. When you use more than 16 vCPUs, you don't need to add 6.5 GB of memory for each vCPU, but you should monitor your instance to ensure it has enough memory.

Warning: We recommend that users configure webhook events to notify external systems of activity on GitHub Enterprise Server. Automated checks for changes, or polling, will negatively impact the performance and scalability of your instance. For more information, see "About webhooks."

You can increase your instance's CPU or memory resources. For more information, see "Increasing CPU or memory resources.

GitHub Enterprise Server イメージをダウンロードする

  1. GitHub Enterprise Serverのダウンロードページにアクセスしてください。
  2. ライセンスファイルをダウンロードするにはDownload license(ライセンスのダウンロード)をクリックしてください。
  3. Get the latest release of GitHub Enterprise Server (GitHub Enterprise Server の最新リリースを入手) をクリックします。
  4. GitHubオンプレミスを選択し、続いてOpenStack KVM (QCOW2)をクリックしてください。
  5. Download for OpenStack KVM (QCOW2)をクリックしてください。

GitHub Enterprise Server インスタンスを作成する

インスタンスを作成するには、GitHub Enterprise Server のイメージを仮想マシンにインポートし、インスタンスのデータ用に追加のストレージボリュームをアタッチしなければなりません。 詳細は「ハードウェアについて」を参照してください。

  1. OpenStack Horizon で、

ダウンロードした GitHub Enterprise Server の画像をアップロードします。 手順については、OpenStack ガイドの「Upload and manage images」の 「Upload an image」セクションを参照してください。 1. インスタンスデータ用にアタッチされるストレージボリュームとして使うための新しい仮想ディスクを作成し、サイズをユーザライセンス数に基づいて設定してください。 手順については、OpenStack ガイドの「Create and manage volumes」を参照してください。 3. セキュリティグループを作成し、下の表の各ポートについて新しいセキュリティグループルールを追加してください。 その方法についてはOpenStackのガイド"Configure access and security for instances"を参照してください。

ポートサービス説明
22SSHGit over SSHのアクセス。 パブリック/プライベートリポジトリのクローン、フェッチ、プッシュ操作がサポートされています。
25SMTP暗号化(STARTTLS)付きのSMTPサポート。
80HTTPWebアプリケーションへのアクセス。 SSL が有効な場合、すべての要求は HTTPS ポートにリダイレクトされます。
122SSHインスタンスのシェルへのアクセス。 デフォルトのSSHポート(22)は、アプリケーションのgit+sshネットワークトラフィック専用です。
161/UDPSNMPネットワークモニタリングプロトコルの処理に必要。
443HTTPSWebアプリケーション及びGit over HTTPSのアクセス。
1194/UDPVPNHigh Availability設定でのセキュアなレプリケーションネットワークトンネル。
8080HTTPプレーンテキストの Webベースの Management Console。 SSL を手動で無効にしない限り必要ありません。
8443HTTPSセキュアな Webベースの Management Console。 基本的なインストールと設定に必要です。
9418GitシンプルなGitプロトコルのポートです。 パブリックリポジトリのクローンとフェッチのみができます。 Unencrypted network communication. If you have enabled private mode on your instance, then opening this port is only required if you also enabled anonymous Git read access. For more information, see "Enforcing repository management policies in your enterprise."
  1. フローティングIPをインスタンスに関連づけることもできます。 使用しているOpenStackのセットアップによっては、フローティングIPをプロジェクトに割り当て、それをインスタンスに関連づける必要があるかもしれません、 そうする必要があるかどうかは、システム管理者に連絡を取って判断してください。 詳しい情報については、OpenStackのドキュメンテーション中の"Allocate a floating IP address to an instance"を参照してください。
  2. これまでのステップで作成したイメージ、データボリューム、セキュリティグループを使ってyour GitHub Enterprise Server instanceを起動してください。 その方法についてはOpenStackのガイド"Launch and manage instances"を参照してください。

GitHub Enterprise Server インスタンスを設定する

  1. 仮想マシンのパブリックDNS名をコピーして、Webブラウザに貼り付けてください。
  2. プロンプトでライセンスファイルをアップロードし、管理コンソールのパスワードを設定してください。 詳しい情報については「GitHub Enterpriseライセンスの管理」を参照してください。
  3. Management Consoleで、希望する設定を行って保存してください。詳しい情報については、「GitHub Enterprise Server アプライアンスを設定する」を参照してください。
  4. インスタンスは自動的に再起動します。
  5. Visit your instance(インスタンスへのアクセス)をクリックしてください。

参考リンク

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.