ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

Enterprise 向けのパッケージエコシステムサポートを設定する

Docker、RubyGems、npm、Apache Maven、Gradle、NuGet など、Enterprise の個々のパッケージエコシステムをグローバルに有効または無効にすることで、Enterprise の GitHub Packages を設定できます。 特定のパッケージエコシステムをサポートするための他の設定要件について学びます。

ここには以下の内容があります:

ノート: GitHub Packagesは現在GitHub Enterprise Server 2.22でベータです。 your GitHub Enterprise Server instanceのベータに参加するには、サインアップフォームを使ってください。

個々のパッケージエコシステムの有効化または無効化

新しいパッケージがアップロードされないようにするには、以前に有効にしたエコシステムを読み取り専用に設定し、既存のパッケージをダウンロードできるようにします。

ー Dockerで GitHub Packages を使用するには、インスタンスで Subdomain Isolation を有効にする必要があります。 詳しい情報については、「Subdomain Isolation の有効化」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン
  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ
  3. 左のサイドバーでPackagesをクリックしてください。 管理コンソールのサイドバーのPackagesタブ
  4. [Ecosystem Toggles] の下で、パッケージの種類ごとに [Enabled]、[Read-Only]、または [Disabled] を選択します。 エコシステムの切り替え
  5. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。 Management Console での [Save settings] ボタン
  6. 設定が完了するのを待ってください。

次のステップ

次のステップとして、パッケージのホスト URL の TLS 証明書を更新またはアップロードする必要があるかどうかを確認することをお勧めします。 詳しい情報については、「Enterprise 向けの GitHub Packages を使ってみる」を参照してください。

Did this doc help you?

Privacy policy

Help us make these docs great!

All GitHub docs are open source. See something that's wrong or unclear? Submit a pull request.

Make a contribution

OR, learn how to contribute.