ドキュメントには頻繁に更新が加えられ、その都度公開されています。本ページの翻訳はまだ未完成な部分があることをご了承ください。最新の情報については、英語のドキュメンテーションをご参照ください。本ページの翻訳に問題がある場合はこちらまでご連絡ください。

アウトバウンドのWebプロキシサーバの設定

プロキシサーバは、GitHub Enterprise Serverのインスタンスに追加のセキュリティのレベルをもたらしてくれます。

GitHub Enterprise Serverのインスタンス に対してプロキシサーバーが有効である場合、送信先ホストが HTTP プロキシ除外として追加されていない限り、GitHub Enterprise Server によって送信されたアウトバウンドメッセージがプロキシサーバーを経由してまず最初に送信されます。 アウトバウンドのメッセージの種類には、webhook、Bundleのアップロード、レガシーのアバターのフェッチが含まれます。 プロキシサーバのURLは、たとえばhttp://127.0.0.1:8123といったように、プロトコル、ドメインもしくはIPアドレスにポート番号を加えたものです。

メモ: GitHub Enterprise Serverのインスタンス を GitHub.com に接続するには、github.comapi.github.com への接続がプロキシ設定で許可されている必要があります。 詳細は「GitHub Enterprise Server を GitHub.com に接続する」を参照してください。

  1. GitHub Enterprise Serverの管理アカウントから、任意のページの右上にあるをクリックしてください。 サイトアドミン設定にアクセスするための宇宙船のアイコン

  2. 左のサイドバーでManagement Consoleをクリックしてください。 左のサイドバーのManagement Consoleタブ

  3. 左のサイドバーでPrivacy(プライバシー)をクリックしてください。 設定サイドバーのプライバシータブ

  4. HTTP Proxy Server(HTTPプロキシサーバ)の下に、プロキシサーバのURLを入力してください。 HTTP プロキシサーバーのURLを入力するためのフィールド

  5. オプションで、プロキシのアクセスを要しないホストがあればHTTP Proxy Exclusion(HTTPプロキシの除外)の下にカンマ区切りで入力してください。 ドメイン内のすべてのホストをプロキシアクセスの要求から除外するには . をワイルドカードプレフィックスとして使用できます。 たとえば、.octo-org.tentacle などです。 HTTP プロキシの除外を入力するためのフィールド

  6. 左のサイドバーの下でSave settings(設定の保存)をクリックしてください。 Management Console での [Save settings] ボタン

  7. 設定が完了するのを待ってください。

このドキュメントは役立ちましたか? プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問する サポートへの連絡