GitHub Enterprise Server の GitHub Actions を使い始める

GitHub Enterprise Server での GitHub Actions の有効化と設定について初めて学びます。

Site administrators can enable GitHub Actions and configure enterprise settings.

ノート: GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 2.22で限定ベータとして利用可能でした。 ベータは終了しました。 GitHub Actionsは、GitHub Enterprise Server 3.0以降で一般に利用可能になりました。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 のリリースノートを参照してください。


ノート: GitHubホストランナーは、現在GitHub Enterprise Serverでサポートされていません。 GitHubパブリックロードマップで、計画されている将来のサポートに関する詳しい情報を見ることができます。

ハードウェアについての留意点を確認する

注釈: GitHub Actions は限定ベータとして GitHub Enterprise Server 2.22 で利用可能でした。 既存の GitHub Enterprise Server インスタンスを 3.0 以降にアップグレードしていて、GitHub Actions を設定する場合は、ハードウェアの最小要件が増えていることに注意してください。 詳細は「GitHub Enterprise Server をアップグレードする」を参照してください。

GitHub Enterprise Serverのインスタンス で使用可能な CPU およびメモリリソースによって、GitHub Actions の最大ジョブスループットが決まります。

GitHub での内部テストでは、さまざまな CPU およびメモリ設定の GitHub Enterprise Server インスタンスで次の最大スループットが実証されました。 インスタンスのアクティビティの全体的なレベルに応じて、スループットが異なる場合があります。

vCPUsメモリ最大ジョブスループット数
432 GBデモまたは軽いテスト
864 GB25ジョブ
16160 GB35ジョブ
32256 GB100ジョブ

既存のインスタンスのユーザに対して GitHub Actions のベータを有効化した場合は、ユーザのアクティビティのレベルとインスタンスの自動化を確認し、ユーザーに適切な CPU とメモリをプロビジョニングしたことを確認してください。 GitHub Enterprise Serverのキャパシティとパフォーマンスのモニタリングに関する詳しい情報については「アプラインアンスのモニタリング」を参照してください。

GitHub Enterprise Serverのインスタンス の最小ハードウェア要件の詳細については、インスタンスのプラットフォームのハードウェアに関する考慮事項を参照してください。

既存のインスタンスのリソース調整に関する詳しい情報については「ストレージ容量の増加」及び「CPUあるいはメモリリソースの増加」を参照してください。

外部ストレージの要件

GitHub Enterprise Server で GitHub Actions を有効にするには、外部 Blob ストレージにアクセスできる必要があります。

GitHub Actions は、blob ストレージを使用して、ワークフローログやユーザがアップロードしたビルドアーティファクトなど、ワークフロー実行によって生成されたアーティファクトを保存します。 必要なストレージ容量は、GitHub Actions の使用状況によって異なります。 単一の外部ストレージ設定のみがサポートされており、複数のストレージプロバイダを同時に使用することはできません。

GitHub Actions は、次のストレージプロバイダをサポートしています。

  • Azure Blob ストレージ
  • Amazon S3
  • NAS ストレージ用の S3 対応 MinIO ゲートウェイ

注釈: これらは、GitHub がサポートし、支援を提供できる唯一のストレージプロバイダです。 他の S3 API 互換のストレージプロバイダは、S3 API との違いにより、機能しない可能性があります。 追加のストレージプロバイダのサポートをリクエストするには、お問い合わせください。

Amazon S3 の権限

GitHub Actionsは、バケットにアクセスするアクセスキーのために以下の権限を必要とします。

  • s3:PutObject
  • s3:GetObject
  • s3:ListBucketMultipartUploads
  • s3:ListMultipartUploadParts
  • s3:AbortMultipartUpload
  • s3:DeleteObject
  • s3:ListBucket

GitHub Actions の有効化

GitHub Enterprise Server 2.22 での GitHub Actions サポートは、限定ベータとして利用可能でした。 インスタンスの GitHub Actions を設定するには、GitHub Enterprise Server 3.0 以降にアップグレードします。 詳しい情報については、GitHub Enterprise Server 3.0 リリースノートおよび「GitHub Enterprise Server をアップグレードする」を参照してください。

参考リンク

このドキュメントは役立ちましたか?プライバシーポリシー

これらのドキュメントを素晴らしいものにするのを手伝ってください!

GitHubのすべてのドキュメントはオープンソースです。間違っていたり、はっきりしないところがありましたか?Pull Requestをお送りください。

コントリビューションを行う

OR, コントリビューションの方法を学んでください。

問題がまだ解決していませんか?

GitHubコミュニティで質問するサポートへの連絡