Skip to main content

Organization での GitHub Codespaces の有効化

組織内のどのユーザーが組織の負担で GitHub Codespaces を使用できるかを制御できます。

Who can use this feature

To alter an organization's billing settings, you must be an organization owner.

Organization での GitHub Codespaces の有効化について

組織の所有者は、組織内のどのユーザーが組織の負担で codespace を作成および使用できるかを制御できます。 価格について詳しくは、「GitHub Codespaces の支払いについて」をご覧ください。

リポジトリに変更をプッシュできるか、リポジトリをフォークできる人だけがそのリポジトリの codespace を作成できます。 組織によって所有されるリポジトリの codespace をユーザーが作成できるようにするには、次の手順を実行する必要があります。

組織に課金される codespace をユーザーが作成できるようにするには、次の手順を実行する必要があります。

既定では、codespace はその作成元のリポジトリにのみアクセスできます。 組織内の codespace から、codespace の作成者がアクセスできる他の組織のリポジトリにアクセスできるようにする場合は、「Organization の codespace に対するリポジトリ アクセスを管理する」を参照してください。

組織に課金される codespace を作成できるユーザーを選ぶ

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン 1. 左側のサイドバーで、 [ Codespaces] をクリックします。

  2. [課金] をクリックし、以下のオプションの 1 つを選びます。

    • 無効 - 組織は codespace の使用に対して課金されません。 組織のリポジトリ用に作成された Codespaces では、作成した個々のユーザーに対して課金されます。
    • 選択したメンバー - 選択したメンバーによって組織のリポジトリに対して作成された Codespaces では、組織に対して課金されます。
    • すべてのメンバー - 組織のメンバーによって組織のリポジトリに対して作成された Codespaces では、組織に対して課金されます。
    • すべてのメンバーと外部コラボレーター - 組織のメンバーと外部コラボレーターによって組織のリポジトリに対して作成された Codespaces では、組織に対して課金されます。

    [課金] のラジオ ボタン

    注: [すべてのメンバーと外部のコラボレーターに許可する] を選ぶと、特定のリポジトリに追加されたすべての外部コラボレーターがこれらのリポジトリの Codespaces を作成して使用でき、組織はこの使用に対して課金されます。 外部コラボレーターの管理の詳細については、「外部のコラボレーターについて」を参照してください。

  3. [保存] をクリックします。

  4. [選択したメンバー] を選んだ場合は、選ぶユーザーの名前を入力するための入力ボックスが表示されます。

    ユーザーを選ぶための入力ボックス

Organization の Codespaces の無効化

組織に課金できる codespace の作成と使用を防ぐことができます。

: 一部の Organization メンバーとコラボレーター、または組織全体に対して GitHub Codespaces の課金を無効にした場合でも、ユーザーが Organization 内のリポジトリに変更をプッシュまたはフォークできる場合、個人アカウントを使用してそのリポジトリ用に codespace を作成できます。 ただし、Organization に対しては料金は発生しません。 リポジトリへのアクセスを制限する方法については、「リポジトリへのアクセス権を持つ Team と人を管理する」を参照してください。

  1. GitHub.com の右上隅にあるプロファイル写真をクリックし、 [自分の Organization] をクリックします。 プロファイル メニューの組織 2. 組織の隣の [設定] をクリックします。 [設定] ボタン 1. 左側のサイドバーで、 [ Codespaces] をクリックします。
  2. [課金] で、 [無効] を選びます。

利用限度の設定

注: 個人、Organization、または Enterprise アカウントに対する GitHub Codespaces の使用の課金が発生する前に、そのアカウントにゼロ以外の使用制限を設定する必要があります。

既定で、GitHub Codespaces の使用制限は、すべてのアカウントで 0 米ドルです。 これにより、個人、Organization または Enterprise に課金対象のコストが発生してしまうため、新しい codespace を作成したり、既存の codespace を開くことを防ぐことができます。 個人用アカウントでは、そのアカウントの毎月の使用量の上限に達していない場合は、いつでも codespaces を作成して使用できます。 Organization と Enterprise の既定の使用制限は、請求先を Organization またはその親 Enterprise とする codespace をユーザーが作成する場合には、上限を 0 米ドルを超える値に変更する必要があることを意味します。

アカウントの利用制限の管理と変更については、「Codespaces の利用制限の管理」を参照してください。